Googleがカメラ機能を強化した5G対応のPixelスマートフォン新製品「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」を発表 Pixel 5はソフトバンクに加えてauでも販売

ガジェット通信 / 2020年10月1日 13時0分

Googleは9月30日(米国時間)に開催したオンラインイベント「Launch Night In」でハードウェア新製品を発表。ここで、今秋投入が予告されていた5G対応のPixelスマートフォン新製品「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」が発表されました。

Pixel 5はOSがAndroid 11、最大90Hz対応の6.0インチFHD+(2340×1080)パンチホール付きディスプレイ、CPUにQualcomm Snapdragon 765G 2.4GHz+2.2GHz+1.8 GHz 64ビットオクタコア、8GB RAM、128GBストレージ、4000mAhバッテリーを搭載。IPX8準拠の防水、ワイヤレス充電と他のデバイスもワイヤレス充電できるバッテリーシェアに対応します。サイズはH144.7×W70.4×D8.0mm、重量は151g。本体カラーはJust BlackとSorta Sageの2色。10月1日からGoogleストアで予約受付を開始し、10月15日に発売します。Googleストアの販売価格は7万4800円(税込み)。購入者にはYouTube Premium、Google Oneの試用版3か月を無料で提供します。ソフトバンクとauからも販売。auでは初のPixelスマートフォンの取り扱いとなります。

Pixel 4a(5G)はOSがAndroid 11、6.24インチFHD+(2340×1080)ディスプレイ、CPUにQualcomm Snapdragon 765G 2.4GHz+2.2GHz+1.8 GHz 64ビットオクタコア、6GB RAM、128GBストレージ、3800mAhバッテリーを搭載。サイズはH153.9×W74×D8.2mm、重量は168g。本体カラーはJust Blackのみ。10月1日からGoogleストアで予約受付を開始し、10月15日に発売します。Googleストアの販売価格は6万500円(税込み)。購入者にはYouTube Premium、Google Oneの試用版3か月を無料で提供します。ソフトバンクからも販売。

カメラ機能はいずれも共通で、1220万画素デュアルピクセルのメインカメラと1600万画素の超広角カメラ、800万画素インカメラを搭載。広大な風景や大勢の人を超広角撮影で収められる他、ソフトウェア技術で実現する超解像ズームも従来どおり利用可能。

暗い場所でも背景をぼかした表現が可能な夜景ポートレートモード、本体のライトを当てて撮影するポートレートライト、動画撮影では風景を滑らかにパン撮影するシネマティック撮影といった機能を搭載。Googleフォトでは撮影後の写真にぼかしや照明を追加する新しい編集機能が追加されています。

画像提供:Google

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング