エロゲメーカーのお財布事情

ガジェット通信 / 2012年12月22日 16時0分

エロゲメーカーのお財布事情

今回は、『はてな匿名ダイアリー』から転載させていただきました。

■エロゲメーカーのお財布事情

自分と同じ人間をださないためにも書いておく。

●エロゲを売るためには問屋に卸さないといけないけど、大きく3社ある。

V→最大手

R→萌えゲーに強い

H→上記2社はソフ倫団体だけど、CSAを審査団体として通せる。

●エロゲの売上の50%はソフマップグループで売れてるといっても過言じゃない。

一番ソフマップで多く売るのはRで、HとVは同等ぐらい。

問題は、メーカーにどの店舗でどれくらい売れてるかわからない。

なのでマーケティングも糞もへったくれもない。

●エロゲの仕切り率は48%~54%。

8800円でうってるゲームをみんながかってもメーカーには4400円しかおちない。

メーカーは8800円で売る製品を製造費込みで4400円でつくらないといけない。

●製造費は大体1本1000円

プロテクト込みの箱代込みでこれくらい必要。

つまりゲームデーターは3400円が原価になる。

●特典のテレカイラストや、ドラマCDの費用はメーカー持ち(製造費除く)

メーカーは予約をあつめるためには10枚以上もイラストをタダでかかないといけない。

●お金の調達は問屋から借りる。

問屋からは、消費賃貸借契約(いわゆる借金)か、売上の前渡しという手段を取る。

どちらにしても、代表者は連帯保証にいれられるし、売上から借金が相殺されて手元にくる。

つまり1000万円借りて、卸値が4000円で2500本しかうれないと手元に1円もこない。

最近は、問屋が威厳をたもつために、メーカーを借金漬けにしなければいけない。

そのために、借りている金額程度しか売れないようにメーカーへの注文本数を調整をしたりしている。

あるHという問屋は製造をメーカーから受託するために、売上のごまかし等をしているので注意とのこと。

●リピート受注なんてほとんどなくて、初期出荷で99%が終わる。

メーカーはすぐに次のゲームをつくらないといけない。

でもお金がないからまた借金を問屋からする。

この繰り返し。

●どっちにしても

自己資金がない限りやらないほうがマシです。

予算シートとかは見たい人がいればで。

転載元:こちらは匿名投稿『はてな匿名ダイアリー』からの転載です。

画像:コレクション!『flickr from YAHOO!』

http://www.flickr.com/photos/nnaannoohhaa/8073698357/



【関連ニュース】

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング