“大きなお世話”に対する50代アメリカ人女性のリアクションに共感集まる 「中年だから中年らしい服を着なきゃいけない理由などない」「こういう人を美しいって言うんだよ」

ガジェット通信 / 2021年1月7日 15時0分

その人のためを思っての助言が、本人にとっては不必要な心配という「大きなお世話」という言葉があります。一昔前であれば「大きなお世話」は大概、親類縁者、友人、知人など面識がある人たちからされたものでした。

SNSが普及した昨今では、面識がない人たちから頻繁に「大きなお世話」をされるようです。

「若作りするには年取りすぎじゃありませんか?」という見知らぬ人からの「大きなお世話」に対する50代のアメリカ人女性のリアクションに、幅広い年代の人たちが共感しているようです。

https://twitter.com/Jasmine_blu/status/1346158857429520384

「年取ったら彼女のようになりたいわ」というツイートで紹介されたのは、米カリフォルニア州在住のロニー・パイクさんという50代の女性が自身のTikTokで公開した動画です。

https://www.tiktok.com/@grayhairandtattoos/video/6913574149986258181

「若作りするには年取りすぎじゃありませんか?」というコメントに対し、パイクさんは次のように切り返しています。

「普段はコメントには反応しないんだけど」

「他人が何言おうと全く気にならないわ」

「今日私が着てるのは、ハローキティのドクターマーチン、リーバイス501、フレンチタックのTシャツよ」

「自分が着たい服を着ればいいのよ」

「他人の言葉で自分らしさを失ってはダメよ」

「自分を表現してね」

「若作りって言葉はお世辞だと思ってるわ」

冒頭のツイートには幅広い年代の人たちから以下のような声が数多く集まっています。

・勇気付けられるわ

・カッコ良すぎます

・100%彼女に同意

・彼女とデートしたいよ

・ものすごい安心感なんだけど

・年相応の服装ってそもそもなんなん?

・今すぐ彼女になりたいわ

・ほんっとにこういうコメントって大きなお世話よね

・この人にときめいたよ

・年とってもこうありたいね

・服装もタトゥーもすごく似合ってる

・中年だから中年らしい服を着なきゃいけない理由などない

・50代以上の人は同年代の人がタトゥーしているのに慣れてないんだよな

・年齢関係なくめっちゃハッピーでしょ、この人

・こういう人を美しいって言うんだよ

・こういう50代の女性がいるなら年取るのも怖くないわ

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/Jasmine_blu/status/1346158857429520384

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング