auが3キャリア最安値「20GB 2480円」でオプション追加可能な新料金「povo」を発表 4G/5G共通のデータ使い放題プランとUQ小中容量プランの新料金も提供開始へ

ガジェット通信 / 2021年1月13日 14時0分

KDDIは1月13日、「au新料金発表会」を開催。オンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」、大容量向けの4G/5G共通データ使い放題プラン「使い放題MAX」、小中容量向けのUQ mobileの新料金「くりこしプラン」を発表しました。

povoでは、シンガポールに拠点を置く通信事業者Circles Asiaとの提携により、オンラインでの使い勝手を考慮したUI(ユーザーインタフェース)/UX(ユーザー体験)を提供。auの高品質なネットワークを利用しながら、シンプルで低価格な料金で提供する新料金プランという位置づけになります。

料金は20GBで2480円(税別)と、ドコモ「ahamo」、ソフトバンク「SoftBank on LINE(仮称)」と比較しても3キャリア中最安値となります。国内通話は30秒あたり20円の従量制で、キャリアメールは提供しないという内容。テザリングは20GBの範囲で利用可能。3月から4Gで提供を開始し、今夏には5Gに対応を予定しています。

「トッピング」と呼ぶオプションサービスを追加できるのが特徴で、3月に提供する第1弾では「5分以内の国内通話が月額500円でかけ放題」「20GBの容量とは別に200円で24時間データが使い放題」というオプションの提供を予定。使い放題のトッピングでは、テザリングも無制限で利用可能にするとのこと。

これらトッピングはウェブ上で手軽にON/OFFを可能にし、今後「ムービー見放題」「SNS使い放題」などトッピングのメニューを順次拡充していきます。

大容量ユーザー向けには、データ容量無制限の「使い放題MAX 5G/4G」を3月から開始することを発表しました。4G向け「データMAX 4G」は7650円(税別)、5G向け「データMAX 5G」は8650円(税別)だった料金を無制限で6580円(税別)にしたプラン。利用データ量が3GB以下の月はさらに1500円の割引を適用します。国内通話は30秒20円の従量制で、テザリング、データシェア、世界データ定額は合計30GBの制限があります。

家族割、auスマートバリュー、au PAYカードによる支払いの割引を適用すると、家族2人では4980円(税別)、家族3人では4480円(税別)に。

小中容量ユーザー向けには、2月1日からUQ mobileで新料金プランのくりこしプランを提供開始。余ったデータ量を翌月に繰り越せる条件で、3GBの「くりこしプランS」が1480円(税別)、15GBの「くりこしプランM」が2480円(税別)、25GBの「くりこしプランL」が3480円(税別)となります。国内通話は30秒20円。今夏には5G回線に対応します。

UQの現行プランと比較すると、繰り越しの可能でM・Lでは容量を5GB追加したうえで500円の値下げに。

au、povo、UQの間でのプラン変更で変更手数料はゼロ円となることが発表されました。

参考記事:

20GBで2980円のみとシンプルな料金体系 ドコモが「店舗手続きなし」「家族割なし」「キャリアメールなし」の新料金プラン「ahamo」を3月に提供開始へ

https://getnews.jp/archives/2839984

ドコモがデータ無制限で1000円引きの新料金「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を4月1日開始へ ナンバーポータビリティ手数料も同日に廃止

https://getnews.jp/archives/2862327

ソフトバンクがLINEとの協業で「20GB 2980円」「LINEギガノーカウント」のオンライン専用新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を3月に提供開始へ 小中容量と大容量も新料金を発表

https://getnews.jp/archives/2868518

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング