信じられないほど部屋がすっきり!? スキャナーで自宅の“紙”を一括保存&管理!

ガジェット通信 / 2013年3月5日 20時30分

信じられないほど部屋がすっきり!? スキャナーで自宅の“紙”を一括保存&管理!

いよいよ始まる、4月からの新生活。3月中に引越しの準備や心機一転のために部屋の整理を終わらせなくてはいけない人も多いに違いない。

流行りの断捨離よろしく、いろんなものを捨てまくってスッキリしたいけど、そう簡単にはいかないのが人の常。部屋の整理をしてると、普段は見返すことがないけれど、なかなか捨てられないものが出るわ出るわ……たくさん出てくるはずだ。

その代表格が過去の雑誌。思い切って捨てようと思うと、「じゃあ、捨てる前にもう一度目を通しておこう」なんて気持ちになり、掃除や整理の手を止めて読みふけっているうちに夜が更けて……で、「面白いからまた読むかも……」なんて考えて結局捨てない。心当たりがある? そうこれが、「ものが増えるスパイラル」である。

雑誌とスキャナー

そこで使いたいのが『ScanSnap iX500』。なんてったって、雑誌や単行本をデジタルデータ化する自炊派の人の必需品とまで言われた『S1500/S1500M』の後継モデル。使いやすさは証明済みだろう。

「自炊……なんか面倒くさそう」と思ったあなた。実は、以前、『S1500/S1500M』を使ったことがある筆者も、自炊が面倒で挫折した一人。しかし、新型はひと味違っていた!

最大の違いは、スマートフォンやタブレット端末だけでスキャンができるところ。新型はWi-Fi機能を搭載しているので、無料専用アプリ「ScanSnap Connect Application」をインストールすれば、パソコンを利用せずにスキャン可能なのである(ただし初期設定の1回だけパソコンとの接続が必要)。

スマートフォンでスキャン可能

これまでは、(1)本を裁断して、(2)パソコンを立ち上げて、(3)スキャンして、(4)データをタブレット端末に取り込む、という手順だったが、タブレット端末を利用すれば、パソコンを立ち上げる必要もない。なにより、読み込んだそばからタブレット端末に保存されるので、すぐに電子書籍として閲覧できる。

タブレット端末で電子書籍として閲覧

パソコンを立ち上げるくらいと思うかもしれないが、目的の行動に対してひと手間増えるだけで、確実に面倒くささは増すもの。個人的には、ふた手間も改善されたことで、スキャンするという行為のハードルはかなり下がった。さらに、片面25枚・両面50面/分と、前機種のS1500/1500Mと比べて、実に25%の速度アップ。このスピード感も忙しい我々(?)には重要である。

速度アップと言えば、パソコンを利用したスキャンの場合になるが、スキャンとOCR機能が並列処理できるようになったため、前機種比45%の時間で文字検索可能なPDFファイルが生成される……雑誌などは、「あれあの記事どこだっけ?」と探すとき、文字検索ができるとかなり便利。

裁断でも手間を軽減。筆者が本の裁断に使っているのは、ローラー状の刃を使用する「ロールカッター」。裁断機は場所もとるし値段も高価、でも、カッターだと裁断に時間がかかり面倒、そのちょうど中間といったところだろうか。これなら、裁断が面倒と感じることもない。雑誌などは、読み終わったらとっておきたいページだけを切り離してスキャン。もちろん、貴重だったり思い出深い雑誌は、まるまる一冊電子書籍化しよう。

雑誌を自炊でスキャン

余談だが、グラビアなどをこまめにスキャンしておくと、5年単位くらいで、「え、あのタレントが水着になってたの」という嬉しいボーナスが発生することもある。密かな楽しみである。

雑誌とともに、引越しや大掃除のタイミングでスキャンして欲しいのが、家電などの説明書や保証書。どこかにしまっているけれど、わざわざ探して出すのは面倒くさい筆頭格だ。先日も、洗濯機に謎のエラーメッセージが出たが、説明書を探すことができずに、面倒になって結局カスタマーセンターに電話をしてしまった、ということがあった。

しかし! 「iX500」でスキャンして、スマートフォンに保存しておけば、いつでもどこでも閲覧可能。Dropboxなどのクラウド環境にアップすれば、複数の端末からアクセスできるので、書類の行方不明とはさよならである。

Dropboxなどのクラウド環境にアップロード

特におすすめは、デジカメやモバイルルーターの説明書をスキャンしておくこと。外出先で説明書を参照しながら、いろんな設定を試せたりして便利である。

デジカメやモバイルルーターの説明書をスキャンしておくと便利

ついでに、プロバイダの契約書やクレジットカードの登録情報など、取っておいても見返すことはないけれど、捨てるのは不安なものもスキャン。とにかく、紙データを整理しまくってすっきりするべし。

「20130305_家電_デジタルカメラ_NEX-7_説明書(保証書)」など「日付_大項目_中項目_商品名_スキャンした書類」というファイル名を設定しておけば、検索もラクだ。(ファイル名は長くなるが……)。

溜まりに貯まった書類をスキャンするべし

引越しで新しい生活を始めるならば、これからはできるだけ紙をためない生活を始めるチャンス。引越ししない人も、溜まりに溜まった紙資料や雑誌を整理すると、見違えるほど部屋がスッキリすること間違いなしである。

ScanSnapシリーズの対象商品を3月31日までに購入&応募すれば、50000円分の商品券が抽選で当たるキャンペーンもやっているので、購入を検討している人はこれを機会に「ペーパーレス生活」に切り替えてみてもよいだろう。

【関連リンク】

ScanSnap

http://scansnap.fujitsu.com/jp/

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング