1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

Twitterが月額制のサブスクリプションで購読者限定コンテンツを公開できる収益化機能「スーパーフォロー」をグローバルに提供開始へ

ガジェット通信 / 2021年9月2日 16時0分

Twitter Japanは9月2日、米国とカナダのiOSユーザーに提供している収益化機能「スーパーフォロー(Super Follows)」を、今後数週間でグローバルに提供開始することを発表しました。

スーパーフォローは、投げ銭機能の「Tip Jar」、音声チャット機能「スペース」に課金する「チケット制スペース」に続く収益化機能で、月額2.99ドル、4.99ドル、9.99ドルのサブスクリプションを設定できる機能。現在、スーパーフォローにより収益化ができるのは米国内で応募した小規模なグループで、スーパーフォローを利用するウェイティングリストにはフォロワーが1万人以上、18歳以上、過去30日間に25回以上ツイートしている、米国在住という条件が設定されています。

スーパーフォローしたフォロワーは、お気に入りのアカウントによる本音、早期プレビュー、購読者限定の会話など、特別なコンテンツにアクセスすることが可能になります。

例えば、@MakeupforWOC というユーザーは購読者に限定したスキンケアに関するQ&Aを提供して収益化している他、現役大学生でライターの @Myeshachou は購読者向けに学生生活秘話したり、@KingJosiah54 はスポーツファンに向けて内容の濃いスポーツ分析を提供、@tarotbybronx は占星術、タロット、癒しに関するアドバイスを提供する事例があるとのこと。

スーパーフォローを利用する想定ユーザーは、社会活動家、ジャーナリスト、ミュージシャン、ブロガー、作家、ゲーマー、スキンケアや美容の専門家、お笑い芸人など、ユニークな視点や個性をTwitterで発揮してオープンな会話を喚起する人としています。

スーパーフォローするユーザーはアカウントのプロフィールにあるスーパーフォローボタンをタップし、有料サービスと料金の説明を確認してからもう一度タップすることでアプリ内課金により購読が可能。スーパーフォローすると自分のタイムラインに購読者限定のコンテンツが表示され、iOSのAppStoreの購読設定から購読を解約することができます。

ユーザーがスーパーフォローする機能は、現時点では米国のカナダのiOSユーザーのみ利用可能。今後数週間のうちに多くのiOSユーザーが利用できるように、グローバルで提供を予定しています。スーパーフォローを設定できるユーザーはiOSのみで、Androidとウェブ版のtwitter.comには順次提供予定。将来的にはスーパーフォロー専用のスペース、ニュースレター、複数の購読プランの設定、匿名での購読といった機能の追加を予定しているとのこと。

なお、スーパーフォローの導入により過去に公開された無料のツイートがなくなることはないとしています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング