1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

ご当地ベビースター「喜多方ラーメン味」が目指した香り・味わいとは?

ガジェット通信 / 2021年11月2日 7時30分

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。先日、イオングループの小型スーパー“まいばすけっと”に行くと、「東北フェア」をやっていた。都内ではなかなか手に入らないご当地の食品が多数陳列されていたのだが、その中で気になる商品を見つけた。

「ベビースター ドデカイラーメン 喜多方ラーメン味」「ベビースターラーメン」はおやつカンパニーが手がける大人気のラーメン菓子。即席めんを作る時にこぼれ落ちたかけらに味をつけて、おやつとして社員に配ったことがきっかけに1959年に誕生したのが「ベビーラーメン」だ。それを1973年から「ベビースターラーメン」と名を変えて、現在に至る。

定番の「チキン味」に加え、「うましお味」「コーンポタージュ味」「ソース味」など様々な味が発売され、地域限定のご当地ベビースターもある。喜多方ラーメン味は東北限定のベビースターだが、今回の東北フェアで買うことができる。

気になるのは、揚げた麺に味をつけるだけの工程で、どうご当地ラーメン感を表現するのかだ。パッケージには「喜多方の醤油使用」とある。醤油感だけで喜多方っぽさを出しているのだろうか?

パッケージを開けるとひとつこだわりが見えてきた。ラーメンっぽい香りがほんのりとするのだ。定番のチキン味は醤油の香ばしさが前面に出てくるのに対して、こちらはよりラーメンっぽい香りが加わっている。油なのか豚のエキスなのか。

「ドデカイラーメン」のご当地版なので、通常のベビースターに比べてひとつひとつが大きい。

いざ食べてみると、まず食感はベビースターそのもの。味はチャーシューペースト、ポークエキスパウダーなど豚が中心。パッケージにもあるように喜多方ラーメンのチャーシューいっぱいの肉そばをイメージしたのだろう。

具やスープがないので、カップラーメンやチルド麺に比べて特徴を出しにくいベビースター。そんなベビースターがそれぞれのご当地ラーメンの特徴をどう捉えているかが分かってなかなか面白い。

他のご当地ラーメンバージョンもぜひ食べてみたい。

(執筆者: 井手隊長)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください