1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

リン酸鉄リチウムイオン電池採用で約6倍の長寿命を実現 Ankerがポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station」発売

ガジェット通信 / 2021年12月7日 10時0分

アンカー・ジャパンは12月7日、ポータブル電源の新製品「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を発売しました。アウトドアなどのふだん使いから災害への備えにも活躍するコンパクトサイズで、電池寿命が長いことが特徴の製品。価格は2万4800円で、Amazonでは初回セールとして200台限定で2480円分のAmazonポイントを還元します。

シリーズで初めて、バッテリー使用による経年劣化が少ないリン酸鉄リチウムイオン電池をバッテリーセルに採用。これにより、3000回の使用後も初期容量の80%以上の維持ができる、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命化を実現しています。前面と背面への強化パネル採用、本体の角やバッテリーパックの強化により長期間の使用を可能に。入出力の過電圧保護や過充電/過放電保護、加熱保護(NTC方式)、低温保護などの安全機能やバッテリーマネージメントシステムの搭載により、安全性を高めています。

瞬間最大600WのACコンセント2基、各ポート最大12Wで合計最大18WのUSB Type-Aポート2基、最大60W出力でPower Delivery対応のUSB Type-Cポート1基、シガーソケットを搭載。6ポート合計で最大398W出力の給電に対応します。前面パネルには、充電や給電の残り時間、本体が満充電になるまでの推定時間など様々な情報を表示するディスプレイを搭載。計画的な利用が可能になります。

接続していても使用していない機器を検知して自動で出力をオフにする省電力モードを新たに搭載した他、ランタンやSOSフラッシュとして使えるLEDライトを前面に搭載するなど、利便性を向上している点にも注目です。Anker製のソーラーチャージャー「PowerSolar 3-Port 100W」と組み合わせて、電源のない環境でも太陽光から生み出した電力を蓄電することもできます。

Anker 521 Portable Power Station仕様

重さ:約3.7kg(本体のみ)

サイズ:約216×211×144mm

バッテリー容量:80,000mAh/256Wh⼊⼒

DC:11-28V=5.5A (最大65W)

USB-C:5V=3A/9V=3A/15V=3A/20V=3A (最大60W)

合計最大入力:125W

出力:

AC:110V~50Hz / 60Hz, 1.82A,200W(瞬間最大600W)

USB-A:5V=3.6A(各ポート最大12W/合計最大18W)

USB-C:5V=3A/9V=3A/15V=3A/20V=3A (最大60W)

シガーソケット:12V=10A

6ポート合計最大出力:398W

パッケージ内容:Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)、AC アダプタ、ケーブル内蔵カーチャージャー、取扱説明書

注意事項

– 本製品は過放電を防ぐため、出荷時はロック状態(ご利用できない状態)に設定されています。初回利用時は本製品を充電することで、ロックが解除され利用できる状態となりす。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください