新型『iPad Air』と『iPad mini』が発表! 期待通りRetinaディスプレイ

ガジェット通信 / 2013年10月23日 4時30分

本日2時より行われたアップルの発表会。発表会では第5世代『iPad』と第2世代『iPad mini』が発表されると噂されていたが、予定通り2製品が発表された。

発表会では恒例の自慢タイムが始まり、“iOS 7”のシェアは既に64%にもなると発表された。その流れから『iPad』の話に行くかと思いきや、最初に紹介されたのは『OS X Maverick』。

発表会開始から40分経過後に『iPad Air』が発表された。43%薄くなり重さは1ポンド(469g)となった。中にはA7チップが入っており、もちろん64ビットアーキテクチャ、そしてM7も搭載されている。GPUの性能は初代の73倍になっており驚異的な性能を誇っている。

Wi-Fiモデルの値段は5万1800円となっており、11月1日に発売。

次いで発表されたのは『iPad mini』で噂通りRetinaディスプレイ化で7.9インチに2048x1536の解像度となる。こちらにもA7チップが搭載されており64ビットとなる。バッテリー持続時間は10時間。色はシルバーとスペースグレイの2色。

こちらはWi-Fiモデルは4万1900円となっている。こちらの発売日は11月中となっている。

第5世代新型『iPad』と第2世代『iPad mini』の画像が流出 色は2色?

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング