長年の歴史に幕を下ろす老舗ソフト『Winamp』にマイクロソフトが名乗り出た? Windows標準メディアプレイヤーになるか

ガジェット通信 / 2013年11月25日 19時50分

先日ガジェット通信でお伝えした『Winamp(ウィンアンプ)』のダウンロード終了とサポート、そしてサイト閉鎖の話。『Winamp』とはNullsoftが開発していたフリーのメディアプレイヤー。内蔵コーデックでソフトさえあればMP3を再生できるのが売りだった。そのほか、wavやogg、動画ファイルにも対応しメディアプレーヤーとして確立したのだが、昨今の『GOM Player』や『iTunes』の普及によりサポート終了を余儀なくされてしまった。これは買収したAOLの決断なので誰にも止めることができないだろう。

そんな時に名乗り出たのがマイクロソフトである。techcrunch.comによると、マイクロソフトとAOLとて現在交渉中のようだ。マイクロソフトが『Winamp』をゲットすればAndroidでリリースしている『Winamp』をWindowsPhone用に、そしてWindows標準メディアプレイヤーになるかもしれない。

『Windows MediaPlayer』があまりにも貧弱なので『Winamp』の買収はユーザーにとって嬉しい限りである。

Source: Microsoft In Talks To Buy Shoutcast And Winamp From AOL(英文)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング