中国が独自に『China OS』を発表 「Androidや他国企業のOSは脆弱性がある!」(動画)

ガジェット通信 / 2014年1月18日 11時30分

現在iOS、Android、Tizenなど様々なOSプロジェクトが進められている中、中国がOS開発に名乗り出た。ISCASと上海联彤ネットワークコミュニケーションテクノロジー社は中国産OSである『China OS(COS)』を開発と発表。

COSは「他社が開発するAndroid、UbuntuなどのオープンソースベースのOSはセキュリティ上脆弱性を多く抱える」と指摘。それらの問題を克服するために開発されたOS。

使用用途はスマートフォン、タブレット、デスクトップ、組み込みOSなど幅広く活用され、高性能ネイティブアプリのほかにHTML5やJAVAにも対応。

開発はスマートフォン大手のHTCと言う噂が挙がっているが正式な発表には至っていない。HTC(台湾)が開発するならそれなりの品質が見込めると思うが、しかし動画を見てみると、どこかで見たことあるようなユーザーインターフェイス。本当に独自開発なのだろうか。どうみてもAndroid……

COS、中国の独自のオペレーティングシステム!(ソース)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング