段ボール型の『iPhone』が動きまくる面白いコンセプト動画 これは凄い!

ガジェット通信 / 2014年2月20日 8時0分

今まで数々の次期『iPhone』コンセプト動画が公開されてきた。液晶が側面にまでついているものや極薄な形状になっているものなど、どれもこれまでの『iPhone』とはかなり形状が異なるものである。

しかしそんなコンセプト動画よりも更に画期的な動画が投稿されている。それは段ボール型の『iPhone 6』である。段ボールをiPhone型にくりぬいたかのような形状。そこにペンで液晶やボタンを書き足しだだけ?

しかし動画を見ていくと起動やフリック、音楽の再生など見事に『iPhone』を再現しているのだ。もちろん次期『iPhone 6』はこのような形状にならないが、こういったエフェクトソフトを使ったオモシロ動画もあっては良いのでは無いだろうか?

実はこの動画を製作したのは高校1年生で16歳という若い方。製作環境はAdobeの『After Effects』と『Photoshop』だという。

過去には巨大な「27インチ液晶で携帯性抜群なiPad」や「超縦長になって更に便利になった『iPhone5』」などを紹介してきた。こういうフェイク動画の類だろう。

こちらの動画は下記『YouTube』よりご覧頂ける。

『iPhone 6P』コンセプト動画(YouTube)

<過去の記事>

iPad2の動画が流出!? 27インチ液晶で携帯性抜群!

http://getnews.jp/archives/100663

『iPhone5』が超縦長になって更に便利に!? そんな妄想動画が面白い

http://getnews.jp/archives/254852

※画像はYouTubeより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング