もし駅前c言語留学があったら…

ガジェット通信 / 2014年3月5日 14時0分

もし駅前c言語留学があったら…

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

■もし駅前c言語留学があったら…

はい、みなさん、プログラムは初めてですかぁ。

プログラミングで大事なことは、失敗を恐れずに、とにかくなんでもやってみることです。

難しい文法なんて、ぜんぜん覚える必要ありません。実はプログラミングって簡単なんです。だれでもできます。

変数は全部先頭で宣言しましょう。どこからでもアクセスできて便利ですよ~。

メモリは解放しない。これが鉄則です。まちがって解放しちゃうとバグの原因になりますからね。心配しなくてもプログラムを終了すれば、ちゃんとOSが解放してくれます。それに最近のパソコンは数ギガバイトもメモリを積んでるんです。

そんなに沢山あるメモリが足りなくなると思いますか?そうです、ここだけの話ですけど実はぜんぜん心配ないんです。使い終わったらメモリを解放しろというのは、まだコンピュータがメモリを少ししか積んでなかった時代の名残なんです。

自由な発想が大事です。コーディング規約とか、インデントとかは、創造的思考を妨げますから、それにとらわれないようにしましょう。

どんどん上から下に書いていけばいいんです。あ、あなた個性的なインデントですね、いいですよ~。そういう個性を大事にしましょう。こちらは必ず1行おきに空行が入ってますね、さすがケータイ世代。

お、あなたはペットの名前の変数名ですか。いいですね~。こうやって工夫すると、どんどんプログラミングするのが楽しくなってきます。

エラーが起きたら一度全部消して、最初からコーディングしなおしてみる。あれこれ考えてると頭が痛くなりますからね。とにかくどんどん書いていくのが大事。

はい、質問ですか。なるほど。構造体とかスコープとかは、すごく限られたプログラマだけが使うものなんです。みなさんは覚える必要ありません。

関数も細かく分けると面倒ですよね。どこになにがあるかわからなくなります。出来る限りmain()の中に押し込んじゃいましょ。これならmain()だけ見てればいいですから。

   *   *   *

書いてて思ったんだけど、昔のBASICってこんなかんじだったよな。それでも結構(当時としては)でかいプログラム組んでたような。やっぱ構造体とかスコープとかいらないんだな。if文もif~thenはあったけど、if~then~elseは最初の頃のBASICにはなかったような。ループもfor-nextしかなかったし。

執筆:この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年03月03日時点のものです。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング