意外と知らないファンクションキー あなたはすべてを説明できる?

ガジェット通信 / 2014年3月17日 20時0分

意外と知らないファンクションキー あなたはすべてを説明できる?

「全部カタカナにしたいのに、なぜうまく変換されないんだ!?」

パソコンでの文書作成などで「スペースキー」「変換キー」を連打しながらイライラする、こうした場面に心当たりがある人もいるだろう。

だが、簡単にカタカナ変換する方法があることをご存知だろうか? 入力中の文章にファンクションキー「F7」を押せば、一発でカタカナにできるのだ。

そもそもファンクション(Function)とは、日本語で「機能」の意味。「F7」の他にも、ファンクションキーを機能的に使うことで効率よく仕事ができるはず。キーボードの一番上に並んだファンクションキーのそれぞれの機能(Windowsの場合)を紹介するので、覚えておいて損はないはずだ。

F1 ⇒ ヘルプとサポートを開く

F2 ⇒ 選択したアイコンの名前を変更できる

F3 ⇒ ファイルやフォルダーの検索

F4 ⇒ ウィンドウのアドレスバーの表示、ゲームソフトを起動中の時は画面サイズの変更

F5 ⇒ ウィンドウ等の表示の更新

F6 ⇒ 項目の切り替え

F7 ⇒ 全角カタカナ入力

F8 ⇒ 半角カタカナ入力

F9 ⇒ 全角英数字入力

F10 ⇒ 半角英数字入力

F11 ⇒ ウィンドウの表示切替、ツールバー以外の表示を非表示に。もう一度押すと元に戻る。(全画面表示)

F12 ⇒ Word・Excelで使用するキーで名前をつけて保存

補足して説明すると、操作でわからないことがあれば「F1」キーでヘルプ画面が現れるし、上書きではなく新たなファイルとして保存したい場合は「F12」キーを押せばよい、ということ。

4月から新年度が始まることで、気持ちを新たに仕事がしたいと考える人、あるいは新社会人になるという読者もいるかもしれない。同期に差をつけ、効率よく仕事をして上司から一目置かれるためにも、ファンクションキーの操作を習得してはいかがだろうか。

【関連情報】

【TIME&SPACEオンライン】新入社員必見!スマホ慣れした君に贈るPCの「ファンクションキー」(Windows編)

http://time-space.kddi.com/special/digital_technique/20140311/index.html

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング