JRA新潟記念(G3)ブラヴァス切り「3連単4点」で射抜く!! 東西関係者“オフレコ”情報で導き出された注目穴馬は?

ギャンブルジャーナル / 2020年9月6日 8時0分

写真

 今週開催される新潟記念(G3)に「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。

 先週は「◎」をつけた11番ショックアクションが勝利し、「○」のフラーズダルムが3着。人気上位馬での決着となったものの、印をつけた馬が馬券圏内に入り、ひとり胸をなでおろした。ようやく調子が出てきたようだ。その波に乗り、今週こそバシッと的中させたい。

 今回、「◎」をつけるのは5番ジナンボー(牡5、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 前走の七夕賞(G3)ではD.レーン騎手を背に1番人気に支持されるも、9着と大敗を喫した。だが、あのときは出遅れて後ろからの競馬を強いられたことに加え、さらに道悪の馬場に脚を取られてしまった。能力をフルに発揮できたとはいい難い1戦だったこともあり、度外視。昨年はここで2着と好走しているだけに巻き返しに期待してもいいはずだ。

「1週前追い切りでしっかり負荷をかけたので、今週は軽めの調整。スタッフは『予定通り順調です。いい状態に仕上がったと思います』と満足気に話していました。

昨年の新潟記念はM.デムーロ騎手を背に2着。今年は去年よりも斤量が2キロ重くなったものの、『仕方のないこと。それだけジナンボーも力をつけていますから』と意に介していませんでした。堀師も『今後の大きいところへ出走するために賞金加算がしたい』と明かしていましたし、相当気合いが入っているようです」(美浦関係者A)

「○」は鋭い末脚が武器の14番カデナ(牡6、栗東・中竹和也厩舎)。

 前走の宝塚記念(G1)は12着と大敗を喫した。だが、今年優勝した小倉大賞典(G3)、4着に入った大阪杯(G1)などで見せた末脚は魅力。昨年は3着に入った舞台で重賞制覇を狙う。

「スタッフは前走に関して『トビがキレイな馬だから、宝塚記念のような馬場では力を発揮できない。度外視していいだろう』と振り返っていました。

脚質的に展開に左右されるものの、『馬込みに突っ込める強さはあるので、新潟の長い最後の直線で馬群がバラけたところを割って進出する形になるかな』と展開を予想していました。稽古でも軽い脚捌きを見せていましたし、噛み合えば上位に食い込んでくるでしょうね」(栗東関係者A)

「▲」は9番アイスストーム(牡5、栗東・吉村圭司厩舎)を推したい。

 前々走のメイS(OP)でOPクラス初勝利。だが次のエプソムC(G3)でも期待されたものの、出遅れも響き、14着と惨敗を喫していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング