JRAスプリンターズS(G1)グランアレグリア“血の宿命”には逆らえない? 「コース適性」「レース展開」に大きな不安が……

ギャンブルジャーナル / 2020年9月30日 9時0分

 マイル以上の距離では中央4場で圧倒的なパフォーマンスを見せるディープインパクト産駒だが、1200mに限ると、良績はローカルに集中している。一方、ゴール前に急坂がある中山と阪神での勝率は、ワースト1位と2位。特に中山での連対率と複勝率は際立って低く、コース適性への不安が顔をのぞかせる。

 また、モズスーパーフレアが作りだすハイペースへの対応も大きな課題だ。グランアレグリアがこれまで経験した最も速い前半3ハロンの通過タイムは33秒9。良馬場なら、モズスーパーフレアは33秒0を切るハイペースで逃げるだろう。

 2~3歳時はしっかり先行できていたグランアレグリアだが、初めて距離を短縮した昨年末の阪神C(G2、1400m)以降は中団からの競馬が続いている。今回はこれまでより1秒前後も速いハイペースが予想され、道中は中団10番手以内に位置を取れればいい方だろう。

 現在3戦連続で上がり最速をマークしているように、しまいの脚は確実。しかし、その鬼脚を繰り出したとしても、中山の短い直線では差し損ねてしまう可能性は高そうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング