JRA C.ルメール「疲れてしまいました」暴走大敗もやる気スイッチ入った!? 土日重賞制覇で「戦犯」から「ヒーロー」に大変身も秋G1は苦戦必至か

ギャンブルジャーナル / 2020年10月7日 7時0分

写真

「疲れてしまいました」

 競馬ファンなら一度は目にしたことであるだろう。C.ルメール騎手がレース後、騎乗馬の敗戦時によく残しているコメントである。

 先週、船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(G2)では、1番人気のアナザートゥルースに騎乗していたが、5着に敗れ3連単10万馬券の演出に一役買ってしまった。逃げたサルサディオーネに競りかけた結果、前半600mが33秒8という芝のスプリント戦のようなラップに激化した。直線で先頭に踊り出たものの、早々と失速……掲示板に粘り込むが精一杯だった。

 現在JRAの騎手リーディングトップを独走する名手の不可解な騎乗を競馬ファンが疑問視したのも無理はない。レース後に「速いペースで、最後は疲れてしまいました」とコメント。アナザートゥルースを管理する高木登調教師も、「前半が速過ぎました。あの展開ではさすがに厳しいですね」とハイペースに敗因を求めた。

 この影響もあってか、ルメール騎手の騎乗が決まっていた土曜中京メイン・シリウスS(G3)で1番人気のカフェファラオ、日曜中山メイン・スプリンターズS(G1)で1番人気グランアレグリアにも、一部ではルメール騎手の不調を懸念する声も聞かれた。

 だが、まるで秋のG1シリーズ開幕に合わせるように、両重賞を制したことは見事だ。

「カフェファラオは砂を被せる形で我慢させるなど、今までの大味な競馬とは違い、非常に収穫の多いレース内容でした。日曜日は期待の2歳馬サトノレイナスでサフラン賞(1勝クラス)を勝利。内目からコースロスなく馬群を捌いて、憎いまでのコース取り。これから期待の新馬が続々と出てきますが、お手馬候補の1頭になるでしょう。

スプリンターズSのグランアレグリアは馬の力に寄るところも大きいですが、段々と外が伸びる馬場へシフトしていくのを完全に読んでいました。G1開催ということもあって、有力騎手が顔を揃えた中山で5勝の固め打ち。やはり技術力は1枚も2枚も上でした」(某TM)

 夏競馬では人気馬に騎乗しながらも、淡白にも見える騎乗で敗れることも珍しくはなかったルメール騎手。秋競馬となって、G1開幕と同時に土日重賞制覇の離れ業をやってのけたことは見事と言うしかない。

「急に”やる気スイッチ”が入りましたね。天皇賞ではアーモンドアイでの大一番もありますし、大いに気合が入るでしょう。短距離路線はグランアレグリアの他にサリオスもお手馬になりそうな気配です。

ただ、多くの有力馬の依頼を任されるルメール騎手ですが、来年はそうもいかないかもしれません。騎乗を最優先にしているパートナーであるアーモンドアイの引退が近いことを考えると、中距離路線では手薄な印象が強いです」(競馬記者)

 高い壁として立ちはだかるのは春の2冠を無敗で制したコントレイルとデアリングタクトの存在だ。2頭がこのまま順調なら、牡牝ともに無敗の3冠馬が誕生する可能性が非常に高い。

 春の3歳クラシック戦線を席巻した2頭に対し、ルメール騎手はこれらに対抗できるお手馬を確保できずに苦戦を強いられた。それだけに、2頭とぶつかる今後のジャパンCや有馬記念をはじめとする王道G1では分が悪くなる。

 これは来年のリーディング争いにとっても大きな障害となりかねないだけに、まだまだ油断は大敵だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング