JRA「女王VS無敗3冠」はアーモンドアイ8冠達成がカギ!? コントレイル、デアリングタクトと「最強対決」望みも……ドリームマッチ実現に大きな壁

ギャンブルジャーナル / 2020年10月27日 8時0分

写真

 今年の競馬界は「記録的な偉業」が話題を独占する1年となっている。

 デアリングタクトが秋華賞(G1)を制し、史上初の牝馬による無敗3冠を成し遂げると、翌週にはコントレイルが菊花賞(G1)を制し、シンボリルドルフ、ディープインパクトに次ぐ3頭目の無敗3冠馬に輝いた。

 勿論、同年度での牡牝3冠は初であり、7冠馬アーモンドアイが秋の天皇賞(G1)を優勝すれば、史上初となる芝G1・8冠馬が誕生するかもしれない。

 3歳2頭が春2冠を制した段階で、3冠達成の次にファンが期待を寄せたのは、女王アーモンドアイとの最強馬対決だ。

 3冠馬となったデアリングタクト陣営が牝馬相手のエリザベス女王杯(G1)に向かう公算は低く、次走はジャパンC(G1)への参戦が濃厚と見られている。また、菊花賞を優勝して無事に3冠を成し遂げたコントレイル陣営は、秋のローテを菊花賞後にジャパンCと公言しており、このまま順調なら3冠馬同士の対決が実現濃厚だ。

 その一方、8冠を目論んだ安田記念(G1)をグランアレグリアに完敗したアーモンドアイ陣営の思惑は、いまだ不鮮明である。

 同馬を管理する国枝栄調教師は、秋華賞で2着に入ったマジックキャッスルのコメントを求められた際、「ジャパンCで待ってるぞ」と発言。気の早い一部のファンからは、「デアリングタクト陣営に対する宣戦布告では?」と話題にもなった。

 ジャパンCが開催される東京競馬場の芝2400mは日本ダービー(G1)、オークス(G1)も行われているようにチャンピオン決定戦に最も相応しい舞台だろう。陣営の青写真通り8冠馬となったアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトが参戦するようなら史上稀にみる超ハイレベルの熱戦が繰り広げられることになる。

 しかし、ファンの期待とは裏腹に実現の可能性はかなり低いと考えられていることも確かだ。

「国枝師の発言はおそらくカレンブーケドールが対象と思われます。アーモンドアイは3歳でジャパンCに出走して優勝しましたが、このときは秋華賞からの余裕のあるローテーションでした。体質的な弱さのあるアーモンドアイは間隔を詰めるとよくないと考えられています。昨年も天皇賞を使った後は、香港を予定していたように今年の参戦も見込み薄です。香港マイルとカップに登録していることから、ジャパンC回避が濃厚でしょう。

ただ、昨年は熱発で香港カップを回避して急遽、有馬記念に参戦しています。現在はコロナ禍の影響により、海外遠征に支障をきたす可能性がまだ残されているだけに、場合によっては状況が変わる可能性もあります。陣営としても、昨年9着に惨敗した有馬記念は避けたいでしょう。仮に、天皇賞で強い競馬をして8冠を達成するようなら、可能性はゼロではないかもしれません」(競馬記者)

 だが、アーモンドアイだけではなく、コントレイル陣営もジャパンC参戦を取りやめる可能性が否定できない事情もある。神戸新聞杯(G2)まで向かうところ敵なしの快進撃を続けていたコントレイルだったが、菊花賞では上がり馬アリストテレスにあわやのクビ差の辛勝だった。

 同馬を管理する矢作師はこれに対し、「次走はジャパンカップと考えていましたが、本当に厳しいレース。慎重に判断して今後を決めたいと思います。無理だけは絶対にさせられないし、させたくない」と、次走について明言を避けるコメントを残したことは気になる材料だ。

 ファンが夢見るドリームマッチの実現はあるのだろうか。

 それぞれの動向を見守りたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング