JRA【きさらぎ賞(G3)展望】武豊ヨーホーレイクと「大逸走」ランドオブリバティが激突!デビュー前はダノンザキッドに“圧勝”ダノンジェネラルは試金石の一戦

ギャンブルジャーナル / 2021年1月31日 16時0分

写真

 2月7日には、きさらぎ賞(G3)が行われる。今年は中京競馬場の芝2000mを舞台にクラシックを目指す有力馬が顔をそろえそうだ。

 かつては中京の芝1800mで開催されていたこともあるこのレース。実に35年ぶりという中京開催で新星は現れるだろうか。

 おそらく1番人気は、昨年12月のホープフルS(G1)で相まみえた2頭のどちらかだろう。ヨーホーレイク(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、デビュー3連勝を狙った前走ではスタートで立ち遅れるも、1周目の直線ですぐに挽回。最後までいい脚を使って、勝ったダノンザキッドに0秒3差の3着と好走した。

 今回も鞍上を務める武豊騎手はレース後、「ゲートの中では落ち着いていたのですが、スタートが上手く行きませんでした。ただ、リカバリーは利いて最後までよく伸びました。以前と比べて、馬はずいぶんと良くなっています」と成長ぶりを口にしていた。

 それを感じさせたのが28日(木)の1週前追い切り。栗東CWで3頭併せを敢行。意欲的に最後まで追われ6ハロン83秒4-12秒1をマークし、最先着した。デビューから3戦すべてで上がり最速をマークした鋭い末脚は、さらに研ぎ澄まされてきている。

 血統も魅力だ。母クロウキャニオンの産駒は本馬も含めて12頭全てが勝ち上がり。12頭中8頭が新馬勝ちと仕上がり早が特長だ。その一方でボレアスがレパードS(G3)、カミノタサハラが弥生賞(G2)を制しているが、重賞通算では「2-3-4-28」と今一つ勝ち切れていない。

 名繁殖牝馬の母に初G1のタイトルをもたらすためにも、始動戦のここは負けるわけにはいかない。

 ホープフルSで2番人気に支持されたランドオブリバティ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は汚名返上を期す。ヨーホーレイクと同じくデビュー3連勝を狙った前走は、4コーナーでまさかの結末を迎えた。

 スタートから終始、外へ逃避する仕草を見せていたランドオブリバティ。最終コーナーで外へ大きく逸走すると、馬はそのまま外ラチへ……。鞍上の三浦皇成騎手は落馬したが、幸い人馬ともに大事には至らなかった。

 もちろん結果は「競走中止」。三浦騎手のG1初制覇は幻に終わった。

 中間は調教再審査を課されたが、陣営の努力の甲斐もあって無事にクリア。引き続き三浦騎手が手綱を握る。

 今回は左回りの一戦となるが、新馬戦で左回りの新潟をこなしている点は心強い。試金石ともいえる一戦で重賞初Vを飾り、クラシックへ名乗りを上げられるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング