JRA横山典弘の長男・横山和生「天才的」騎乗機会3連勝に絶賛の嵐! まくり連勝から、まさかの神騎乗で「DNA」覚醒か

ギャンブルジャーナル / 2021年2月13日 18時0分

写真

 今年の1月から開催されている小倉競馬場は、芝コースでも最後の直線が293mしかなく、後方からレースをする馬が直線勝負を挑むには少々厳しい舞台である。

 そんな差し・追い込み馬がこのような舞台で戦うために日常的に使われる戦法が、外から早めに進出し、直線の入り口で先頭集団に並びかける「まくり」だ。

 この日の小倉でも朝から何度もまくりが炸裂した。主役は横山典弘騎手の長男として知られる横山和生騎手だ。

 1R(ダート1700m)で2番人気のキトゥンズワルツに騎乗した横山和騎手はスタート後、無理せずに最後方からの競馬。向正面で外から中団までポジションを上げると3、4コーナーで一気まくって前へ進出。最後の直線入り口で先頭集団に並びかけ、最後は半馬身前に抜け出してゴールした。

 キトゥンズワルツとは先月30日にも同じ小倉のダート1700mでコンビを組み、やはりまくりの競馬を試みたばかり。前回はまくり切れずに4着だったが、今回はしっかりと結果を残してみせた。

 幸先のいいスタートを切った横山和騎手だったが、ファジェスに騎乗した2R(芝2000m)では出遅れて後方からの競馬。しかし、向正面でまたも外からポジションを上げると、今度は3コーナーで一気に先頭に、そのまま後続を押し切る豪快な連勝を飾った。

 1R、2Rともに後方からまくって連勝した横山和騎手。その後「今日の横山和は乗れてるな」と、その勢いにあやかろうとした競馬ファンは決して少なくなかったようだ。

 次に横山和騎手が登場したのは8R(ダート1700m)だった。騎乗したカグラヒメは、先月23日に同じ小倉ダート1700mで横山和騎手が騎乗して6番人気7着。しかし、このレースでは単勝5.4倍の3番人気と高い支持を集めたのだ。

 それもそのはず。このカグラヒメも前回のレースで最後方からまくりを試みて、まくり切れずに7着と、1Rを勝ったキトゥンズワルツとまったく同じパターンだ。それもまくりを仕掛けるには最適な大外枠に入ったのだから、一発を狙っていたファンの期待はさらに高まったはずだ。

「今日の横山和なら、絶対にまくり切ってくれるはず――」

 このレースで、カグラヒメの馬券を買った多くのファンがそう思ったに違いない。しかし、これぞ「天才」と言われる父・横山典騎手のDNAがなせる業か。勢いよくスタートを出たカグラヒメは、横山和騎手に促されるとなんと積極果敢に逃げ馬を追走。最後の直線で逃げ馬をしっかりと捉えると、騎乗機会3連勝を飾ったのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング