パチスロ「20年振りの名機」復活に熱視線。現行機最強クラス「700G」超えの可能性も?

ギャンブルジャーナル / 2019年3月7日 19時0分

写真

 1967年創業の老舗パチスロメーカー・山佐。昨年は、画期的なシステムで注目を集めた『リノ』シリーズを初の6号機としてリリースするなど、新時代でもその存在感は健在だ。

 そんななか、同社は『コングダム』シリーズ最新作を発表。約20年ぶりとなる名作の復活に、早くもアツイ視線が注がれている。

■『ジャングルマスターコングダム』(山佐)

 ナビ矛盾などの多彩なチャンス演出で人気を博した4thリール「テトラリール」。

 すでに『カンフーレディ』シリーズで登場している山佐独自の人気システムだが、「初代の徹底再現」をテーマに掲げているように『コングダム』最新作でも搭載されている。待ちに待った「正統後継機」というわけだ。

 そのほか、リール関連も初代を継承。4号機のリール配列を踏襲し、チャンスパターンは計1586通りとなっている。テトラリールと組み合わされば、ゲーム性は無限大に広がるに違いない。

 そして、最も気になるスペック面だが、未だ正式発表はされていない状況。貴重な5.9号機ということもあり詳細が気になるところだが......。

「業界内では、すでに簡単なスペックが明らかになっています。スペックはノーマル+RTタイプで、BIGボーナスは300枚以上が獲得できる仕様。そのボーナス後は必ず20GのRTに入るそうです。一撃出玉よりも安定感を重視した仕上がりでしょうか」(元業界関係者)

 ボーナス+RT機となれば、特徴的とは言い難い。むしろ無難なスペックという印象だ。しかし、そのRT性能は「現行機最高クラス」との声も上がっている。

「RTはどうやら昇格タイプになっているようですね。2段階目に到達すると継続G数は最大"4桁"レベルになるとか。つまり、ほぼほぼ次回ボーナスまで継続するロングRTということでしょうか。

ただ、『ボーナス後』も継続するタイプはありますからね。昨年リリースされた『ゆるせぽね』はRT700Gをフルで完走できる仕様でしたし。『GOD超え』可能性の可能性も十分あり得るでしょう」(業界ライター)

 RTスペックにかかわらず、一撃出玉を期待できそうな『ジャングルマスターコングダム』。果たして20年ぶりのシリーズ最新作はどのようなスペックになっているのか。まずは、続報に期待したいところだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング