知らない間に髪を傷めているかも!? やりがちだけど実はNGなヘアケア3つ

GATTA / 2019年6月13日 21時0分

写真

普段から髪をケアしているのに「広がる」「ツヤがでない」「ごわつく」と感じたことはありませんか?

ヘアケアをしているのに髪の毛の状態が良くならないときは、もしかしたらケアの方法が間違っているのかも!

そこで今回は、美容師のナカイヒロキさんにやりがちだけど実はNGのヘアケアを教えてもらいました。

1:自然乾燥する

シャンプー後はどうやって髪の毛を乾かしていますか? 普段から自然乾燥をしている人は、髪が傷みやすいですので要注意!

髪の毛は、濡れているとキューティクルが開きやすく、ダメージを受けやすい状態。つまり、自然乾燥をするということは、そのぶんキューティクルが開いている時間が長くなってしまうということです。

自然乾燥で少し乾いてからドライヤーを使う人も多いですが、なるべく早くドライヤーを使って髪の毛を乾かしましょう。

2:洗い流さないトリートメントを使わない

普段髪を乾かす前に“洗い流さないトリートメント”は使っていますか?

洗い流さないトリートメントを使うと「重くなる」「ぺったりする」と言って何も使わない人が多いですが、洗い流さないトリートメントを使わずに髪を乾かすとドライヤーの熱を直接受けるので乾燥しやすくなったり、ダメージを受けやすくなったりすることも……。

洗い流さないトリートメントには大きく分けて、オイルタイプとクリームタイプの2種類があります。

どちらも軽いタイプから重たいタイプまであるので、自分の髪質にあわせたトリートメントを選ぶことで、重たくなったりべったりしたりすることを避けられるはずですよ。

3:1日にシャンプーを何回もする

朝と夜、両方シャンプーしていませんか? 1日に2回シャンプーしてるほうが「きれいを保てる」「清潔」というイメージをもっている人もがいますが、基本的には1回で大丈夫!

何回もシャンプーしてしまうと、そのぶん頭皮が乾燥しやすくなるんです。

日中の汚れを落とすために、夜だけシャンプーをするのがおすすめです。朝にシャワーを浴びるときは髪を濡らすだけにしましょう。

 

間違ったヘアケアをしていると、知らない間に髪の毛が傷んでパサつくことも……。

日々の習慣がきれいな髪をつくります。ぜひ一度ヘアケアを見直してみてください。

【画像】

※ Maryna Pleshkun、progressman / Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング