急な来客にも慌てない!5分で準備万全にできる「部屋づくり」のポイント

GATTA / 2019年9月13日 21時0分

写真

家の設備の修理で業者さんが急遽家の中に入ることがあったり、子どもが友達を急に家に呼びたいと言ってくるなど、“急な来客”が発生して慌てた経験は誰しもあるのではないでしょうか。

その都度急いで片付けたり掃除をしたりという方も多いと思いますが、できるだけ最小限の手間だけで来客を迎えられる状態になると助かりますよね。

そこで今回は整理収納アドバイザーの七尾亜紀子さんに、急な来客でも慌てず5分で準備万全にできる部屋づくりのポイントを教えてもらいました。

1:グチャッとしがちな場所は「溜めない」習慣を

最初のポイントは、グチャッとしがちな場所はモノを溜めない習慣をつくるということです。

お客様が来たときに、片付けで一番焦る場所はやっぱりリビング。

とくにダイニングテーブルの上や床の上、キッチンカウンターなどがモノで溢れていると、「まずい!なんとかしなきゃ!」と慌ててしまいますよね。

以前の筆者宅も、来客の度に慌てて散らかっているモノをかき集め、物置部屋にとりあえず突っ込んでいました。そのため、緊急避難したモノのなかに大事な書類も紛れ込んでしまい、結局行方不明に……ということもしばしば。

ダイニング周りはモノを溜めると、上記のような緊急退避が必要な状況になってしまうため、「とにかく溜めない!」ことが肝心。

・郵便物、書類関係は入ってきたらすぐ処理して、溜めない
・使ったおもちゃや日用品類は寝る前に片づけて、溜めない
・食器も使ったらすぐに食洗機に入れたり洗ったりして、できるだけシンクに溜めない

というように、都度片づけたり寝る前などにリセットする時間を作って、溜めない習慣を作っておくのが大事です。

2:見せたくないモノは「隠せる収納」に

続いてのポイントは、見せたくないモノは隠せる収納にするということ。

たとえば、筆者宅の場合はキッチンの作業台のところに大容量のブレッドボックスを置いています。

このボックスがあることで、子供の朝食用のパンやいただきもののお菓子、そのとき飲んでいる病院の処方薬など、出しっぱなしだとゴチャついて見えて来客時には気になるものをパッと仕舞うことができます。

容量もたっぷり入り、フタを閉めれば中が見えることはないので急な来客のときも安心です。

そして、こちらはトイレにある子どもの補助便座と踏み台が入ったバスケットです。

こちらもお客様が来てもサッと目隠しできるように、バスケットの上に目隠しの布をクリップで留めてセットしています。

来客時にはトイレもやっぱり見た目が気になるものですが、そんなときでも見せたくないものがサッと目隠しできるようになっていると、気持ちの面でも安心が生まれます。

3:「ちょこちょこ掃除」で恥ずかしくない状態に

最後のポイントは、ちょこちょこ掃除で恥ずかしくない状態にしておくということです。

筆者自身、掃除が全然できていなかったころは、家に人が来るとなると大騒ぎで家中を掃除していましたが、今は、水回りなどのとくに気になる箇所は毎週末に30分だけやる“お掃除ルーティン”に組み込まれているため、そこまで焦ることがなくなりました。

とくに洗面所などは汚れやすいものですが、お客様に「手を洗わせてもらってもいいですか?」と聞かれてもあまりドキッとしなくて済むようになりました。

また、玄関なども以前は鏡に子どもの手アカがベタベタついていたり、子どもの靴から出てきた砂でたたきが汚れていたりして恥ずかしい思いをしていましたが、それも週末のお掃除ルーティンに組み込んでからは、そこまで恥ずかしい状態にならなくなりました。

また、テレビ周りや寝室のベッドのヘッドボードあたりもホコリがよく溜まる場所。

筆者宅の寝室にはテレビ横とベッド横にそれぞれ1本ずつホコリ取りを置いていますが、気づいたときにサッと掃除ができるのも自分にとっては安心なポイントです。

 

そんなに頻繁にお客様が来なくても、いつも「来客OK」の状態にできれば自分にとっても気持ちがよいもの。

収納の工夫や片づけ・掃除習慣ですぐにきれいが作れる部屋づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング