とりあえず2週間試して!寝る前にしたい「脚の歪みをケアする」ストレッチ

GATTA / 2019年9月18日 20時0分

写真

「ダイエットに励んでいるけど、思うように下半身が引き締まらない……」ヨガインストラクターのyuukaさんによると、下半身にお肉がつきやすい人は、脚に負担のかかる歩き方や姿勢を日常的にしている可能性があるんだとか。

そこで今回はyuukaさんが、そんな“脚の歪みの整え”を目指すストレッチをご紹介します。エクササイズや筋トレを試す前に、まずは脚の歪みからチェックしてみましょう! 寝る前の少しの時間を利用してできるストレッチなので、ぜひ毎晩の習慣にしてみてください。

歩き方や姿勢のせいで、太ももの外側が張っているかも!?

内股気味に歩いている、太ももの外側ばかりが張る方は、脚に歪みがあるかもしれません。股関節を外側へ開く力が弱く、そのせいで太ももの外側ばかりを使って負担をかけてしまっている可能性があります。

なので股関節周りを整えて、脚の負担を減らすことを目指していきましょう。まずは2週間だけ、これからご紹介するストレッチを試してみて!

寝る前の習慣にしたい!「脚の歪みの整えを目指す」ストレッチ

(1)仰向けに寝ます。両ひざを曲げて、右の足首を左ひざの上あたりに乗せ、右脚を開きます。

(2)息を吸います。息を吐きながら両脚を浮かせ、お腹、胸の方へ引きつけます。

(3)このとき、右の股関節が外側へ開いていくのを意識します。

(4)息を吸いながら、脚を床に降ろします。

(5)この一連の流れを10~15回行い、反対側も同様に行いましょう。

 

股関節周りから、お尻、お腹にもアプローチできる動きです。ゴロッと寝転がった状態で試せるので、寝る前の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング