丸顔をすっきりみせる! 大人女性のための「チークメイク」テクニック3つ

GATTA / 2019年11月22日 21時0分

写真

丸顔にコンプレックスがあるのに、チークをつけるとさらに丸顔を強調してしまいがち。しかし顔色をよくみせるために、チークは欠かせないアイテムですよね。

そこで今回は美肌研究家でコスメコンシェルジュの杉本由美さんが、丸顔をすっきりみせる“チークメイク”のテクニックをご紹介します。

その1:大人チークは高めスタートがカギ

たるみなどが気になる大人女性は、チークを入れる位置が重要です。頬の低い位置に入れてしまうと、顔の重心が下になり、老けてみえてしまうことも。

そこでチークを入れる位置は、黒目の外側で鼻の中心くらいをスタート地点としましょう。そこからこめかみにかけて、斜めにチークをのせていきます。のせる位置でたるんだ印象のカバー、入れ方で丸顔のカバーをしてすっきりとした顔に仕上げることができますよ。

その2:仕上がりにあわせて、チークの質感を選んで

最近のチークはパウダータイプや練りタイプなど、質感の種類もさまざま。チークの質感は、どんな仕上がりにしたいかによってセレクトするのがおすすめです。

例えば、ツヤ感のある仕上がりを求めるなら練りタイプのもの、ベースメイクがマットならパウダータイプがマッチするでしょう。質感のセレクトが上手にできると、メイクのまとまりもぐんっとアップしますよ。

その3:色味のセレクトはなりたいイメージに合わせて

チークといえども、カラー展開はさまざま。チークの入れ方に注意をしながら、なりたいイメージに合わせてカラーをセレクトしてみましょう。

女性らしく優しい印象を与えたいなら、ピンクやローズ系をセレクトするのがおすすめ。またすっきりとした印象を与えたいなら、オレンジやベージュ系の肌なじみのよいカラーをセレクトするといいでしょう。

 

顔色をよくみせることで、好印象を与えてくれるチーク。入れ方次第では丸顔を強調してしまうことも……。

しかしチークのタイプを知り、輪郭に合わせたチークの入れ方をするだけで、なりたい顔に近づけることは可能です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【画像】
※ Fast&Slow、anju / PIXTA(ピクスタ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング