新作も人気アイテムも! 2019年に買ってよかった無印良品グッズBEST5

GATTA / 2019年12月7日 22時0分

写真

毎年話題の新商品が発売されたり、定番商品でも新たな使い方などの発見があったりと、つい買い足したくなってしまう無印良品のアイテム。

今回は、整理収納アドバイザーの七尾亜紀子さんに、2019年に買ってよかった無印アイテムBEST5をランキング形式で紹介してもらいました。

第5位:ポリプロピレンウェットシートケース

人気すぎて各店舗でも入荷待ち続出となっていたこちらのケース。

筆者は世界旗艦店となる銀座店で、グランドオープンの直後にたまたま見つけて購入することができました。

筆者宅ではダイニングテーブルにウェットシートを入れて主に子供のお手拭き用として使っています。

デザインもシンプルで悪目立ちせず、ケースの仕様も使いやすい点がお気に入りポイントです。

第4位:マスキングテープ・白

これまでも柄付きのものやグレー・ブラウンなどのカラーの無地のもののセットが出ていましたが、ありそうでなかったホワイトが今年登場して話題になりました。

筆者はこのマスキングテープを整理収納コンサルティングの現場でラベリング用としてフル活用しています。

それまでは100円ショップのラベルシールをよく使っていたのですが、ラベリングしたい内容の長さによってはラベルのサイズが足りないこともありました。

その点、マスキングテープであれば長さをたっぷり使って書けるので、使い勝手がよく重宝しています。

第3位:ポリプロピレン持ち手付きファイルボックス

1〜2年前頃に新商品として登場して話題になったこちらのアイテム。筆者宅では今年満を持して取り入れました。

このボックスには、別売りのファイルボックス用ポケットを組み合わせて、子供の塾のテキストの収納ボックスとして使っています。

基本的には子ども部屋の学習机に置いて使っていますが、時々リビングで勉強することもあるので、そんなときには持ち手を持って簡単に移動できるところも気に入っているポイントです。

第2位:ヘアクリップ・小

やや地味なアイテムかもしれませんが、こちらも今年の新作アイテムでした。

このクリップは洗面所でメイクする時に前髪を留めるために愛用しています。

今までは100円ショップの黒いクリップを使っていましたが、色味が悪目立ちしているのが気になっていました。

こちらに変えてからは色がホワイトですっきりして、サイズ感もちょうどよいのでとても気に入っています。

第1位:自立収納できるキャリーケース

第1位はこちらのキャリーケースです!

最初は自分の勉強用の道具を収納するのに使っていたのですが、その勉強自体を継続しないことに決めたため、実はしばらくの間このケースも持て余す状態が続いていました。

それが復活したきっかけは、子どもたちの夜の勉強タイムをはじめたこと。

現在は子どもたち2人の教材をそれぞれ左右に分けて収納しています。夜のお勉強セットとしてグルーピングするようになってから、一気に活用度がアップしました。

無印のアイテムは用途を変えてもいろいろ使い回せるのがやっぱり便利なポイントですね。

 

以上、今年買ってよかった無印アイテムBEST5のご紹介でした。

最近、洗剤などの新たな新商品も登場し、ますます目が離せなくなっている無印良品。

ぜひさまざまなアイテムをチェックして、自分の家に合ったアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング