窮屈なキッチンを広くする!デッドスペースを有効活用するアイデア3選

GATTA / 2020年9月28日 22時0分

写真

収納スペースが多く、テイストもそろってスッキリ整う“システムキッチン”。けれど難点は、使い方が限定されているスペースをうまく使いこなせない場合があること。

そこで今回はインテリアブロガーのsumikoさんに、デッドスペースになりがちな場所を有効活用できるアイデアを教えてもらいました。

1:ゴミが捨てにくい「ゴミ箱スペース」は収納に

ゴミ箱スペース

出典: GATTA

ゴミ箱を丸ごと収めることができる、ポッカリと空洞になったゴミ箱スペース。ゴミ箱がキッチンで作業のじゃまにならないように工夫された収納スペースです。

けれど実際には、ゴミ箱の蓋が干渉して開けにくかったり、上に隙間がないので大きなゴミが捨てにくく、ゴミ箱をいちいちスペースから引っ張りだしてからゴミを捨てていたりする方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、思い切って他にゴミ箱の置き場所をつくってしまい、ゴミ箱スペースは収納スペースにしてしまってもOK。

キッチン家電収納

出典: GATTA

ホームセンターで化粧板を購入、L字にしてキャスターをつければ、簡単な台車がつくれます。

使うときだけ外に出したい、大きなキッチン家電の置き場所にしてもいいですね。

2:使いきれない「スパイスラック」はキッチンツールスペースに

コンロ脇にあることが多いスパイスラック。さほどスパイスを持たない場合には、これもまたもったいない空っぽのスペースにしてしまいがち。

特に、他の調味料の瓶なども入れにくい幅の狭い収納なら、思い切って薄いぶら下げ収納にすると便利。

キッチンツール収納

出典: GATTA

ホームセンターや100円ショップでも豊富に取り扱いのあるワイヤーネットと専用のフックで、キッチンツールの引っ掛け収納にすれば、調理中にサッと取りやすいですよ。

3:ポッカリ空いた「吊り戸棚の下」は浮かせる収納スペースに

浮かす乾燥スペース

出典: GATTA

吊り戸棚の下のカウンターは、キッチン家電をビッシリと並べて置きすぎても窮屈。とはいえ、貴重なスペースがもったいない気も。

そんなときは、吊り戸棚の底板部分に挟み込んで浮かせるグッズを使えば、窮屈な印象がない抜け感のある収納スペースにすることができます。

思い切ってシンクのカゴをなくし、自然乾燥スペースにすればシンクが広々使えますね。

 

何かとものが多いキッチンなのに、うまく使いこなせていない収納スペースがいくつもあってはもったいないですよね。ぜひ手軽なグッズを使って、活用しやすいスペースづくりにチャレンジしてみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング