クセ毛を生かしたらオシャレに決まる!? 垢抜け間違いなしの「ボブヘア」3つ

GATTA / 2020年11月29日 20時30分

写真

少し乾燥が気になる季節になって来ましたね。湿気が少ないのでクセ毛の方は髪の扱いが少し楽になってきたのではないでしょうか。

そんなクセ毛を生かしたスタイルを楽しんでみませんか? 今回は美容師の森下優也さんに、クセ毛だからこそ似合うボブスタイルをご紹介いただきました。

1:クラシカルに見せるショートボブ

あ

出典: GATTA

クセを雰囲気良くオシャレに表現するには、前髪を長く残し耳にかけるスタイルがおすすめです。

あえてアシンメトリーなデザインにすることで、ネガティブに見えてしまうクセをフォルムやシルエットに視点をそらすことでカバーすることができます。

前下がりにラインを設定し、襟足をコンパクトにしてクラシカルなムードにスタイリングすると、今まで気にしていたクセもなんだか活きいきして見えてきます!

ボリュームが多い方はタオルドライした後にムースを揉み込んで自然乾燥させると頭が大きくなりにくくなるのでおすすめ。

クールでクラシカルな印象が好きな方におすすめしたいクセ毛デザインです。

2:クセを活かす外ハネボブ

う

出典: GATTA

このスタイルはアゴの位置で水平にカットしたナチュラルなボブ。顔周りに少し動きを出して重く見えないようにするレイヤーが入っており、その他は基本裾で切りそろえています。

クセは根元から出るのでまとめるのが難しく感じる方も多いと思いますが、上手にスタイリングでまとめるには根元のボリュームを抑えることがとても大事です。とくに頭が大きくなりやすいハチ上は、地肌側からストレートアイロンを中間まで滑らせて少しクセを伸ばす必要があります。逆にいえば根元のボリュームを抑えてクセを馴染ませれば、クセ毛をオシャレに見せることができるのです。

根元のクセを緩くし毛先を外ハネに仕上げることでボブスタイルとクセ毛がフィット。トップのボリュームが気になりにくくなるのでコンパクトに見えて、クセが良い感じにコントロールできますよ!

3:パーマっぽくデザインするショートボブ

え

出典: GATTA

クセ毛をパーマっぽく見せるために、カットベースはメリハリの効いたショートボブベースがおすすめ。

後頭部のボリュームは襟足の位置よりも高く設定し、襟足はギリギリの長さでラインを作ります。サイドはアゴ上のやや前下がりにしてシルエットをまとめ、前髪はオン眉くらいに切るとオシャレに振り切れますよ!

全体的に大きなフォルムになりがちなクセ毛ですが、毛先にボリュームをつくってAラインに見せることでメリハリが生まれます。

ちょっと個性的なヘアスタイルに挑戦したいクセ毛の方におすすめのスタイルです!

 

クセ毛を生かすボブスタイルをご紹介しました。クセ毛をネガティブにとらえず、自分の髪の個性を生かしたスタイルを楽しんでみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング