1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

キープ力が変わる!? まつ毛の「上向きカール」を夕方まで持続させる裏ワザ

GATTA / 2021年2月11日 20時0分

写真

鼻から下が隠れてしまうマスク生活。目元の印象が強調されるようになり、これまでは気にしていなかった”まつ毛”にお悩みを持つ方も多くなったのではないでしょうか?

朝、せっかくパッチリ上向きまつ毛に仕上げたのに、夕方鏡を見ると「まつ毛の元気がなくなっていてがっかり……」なんてことも。

そこで今回は、まつ毛の上向きカールを夕方まで持続させる裏技をご紹介します。おすすめのコスメも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

逆効果!まつ毛のカールが下がる「NGメイク」

NG1:マスカラを毛先に塗りすぎる

ビューラーはまつ毛に一時的にカールをつけているだけなので、当然重い負荷がかかればまつ毛のカールは下に下がったり落ちたりしてしまいます。特に毛先に重さをかけすぎると、カールが下がりやすくなるので注意が必要。また、繊維入りやボリュームタイプのマスカラは、毛先に塗布しすぎることで余計に重さがかかりやすくなることも……!

改善するためには、マスカラの塗り方を見直すのがおすすめです。まつ毛の中心から根本を中心に塗布。毛先に向けてはジグザグ動かさず、スッと上に抜けていくように塗りましょう。毛先に重さをかけずに、目元を大きく開いて見せることができます。

NG2:まつ毛の上側から塗布する

上まつ毛を塗るときに、まつ毛の上側からマスカラを塗るとまつ毛に重さを与えてしまうので、まつ毛が下がりやすくなります。カールを記憶してくれる効果の高いマスカラの場合は別ですが、通常のマスカラをまつ毛の上側から塗布してしまうと重さを感じやすいです。

カール落ちが気になる場合は、上側から重さをかけるのではなく、まつ毛の下側からマスカラを塗るのがおすすめ。

夕方までキープ!上向きカールを持続させる裏技3つ

裏ワザ1:ビューラーで根元からしっかり上げる

ビューラー

出典: GATTA

まつ毛はマスカラをつけると、どうしても重さでカールが取れてきてしまいます。それを防止するためにはもともとのまつ毛をしっかり上げておくことが大切です。

ビューラーを使う時のポイントは、一度でカールをつけようとせず、“まつ毛の根元”“まつ毛の中央”“まつ毛の毛先”の3段階に分けてしっかりビューラーをすること。

また、ビューラーを力づくで握って、カールを付けようとしないことも重要です。力を入れすぎてしまうとカールがつき過ぎてまつ毛が傷んでしまうので、手首のスナップを上手にきかせてカールを作りましょう。根本をビューラーで挟むとき、まぶたを少し上にあげると挟みやすくきれいなカールに仕上がりますよ。

裏ワザ2:まつ毛の中心からマスカラを付ける

マスカラ

出典: GATTA

目ヂカラを強くしたいと思うと、まつ毛の根元からがっつりマスカラを付けてしまいがちですが、根元にマスカラが付いているとカールが取れやすくなります。

マスカラをつける時は、根元からちょっと離れた位置から毛先に向けてササっと塗りましょう。そのままだと目の輪郭がボヤけてしまうので、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを描くこともお忘れなく。

裏ワザ3:ドライまつ毛にしてからカールする

メイクをする前のスキンケアで、使った化粧水やクリームなどがついているウェットな状態なまつ毛はNG。

ビューラーでまつ毛を持ち上げてもカールがつきにくく、持続時間がかなり半減してしまうことに。

そこでカールをする前に、まつ毛についた水分や油分などを取り除き、しっかり乾かしてからビューラーをしましょう。

ティッシュや綿棒を使って、まつ毛の湿りをオフするとやりやすいですよ。

1,500円以下!プロおすすめの「キープしやすいマスカラ」

■ケイト「ラッシュマキシマイザーN」

ケイト「ラッシュマキシマイザーN」

出典: GATTA

まつ毛の内側と外側のダブルでカーブを固定して上向きまつ毛をキープする、ケイトの『ラッシュマキシマイザーN』。

マスカラ前に仕込むだけで、自まつ毛と一体化しながらボリュームとロング効果を叶えて存在感をアップ。カチカチに固まりすぎずに、やわらかさを残した自然な仕上がりです。

湿気の多い日やマスクをつけている日でもカールが落ちづらくなります。

【商品詳細】
ケイト『ラッシュマキシマイザーN』 / メーカー希望小売価格1,200円(税別)

■セザンヌ「カールキープベース ネイビーブラック」

セザンヌ「カールキープベース ネイビーブラック」

出典: GATTA

リーズナブルな価格と他にあまり見ないオシャレなカラーが魅力的な、セザンヌの『カールキープベース ネイビーブラック』。

スリムでコンパクトなブラシが、短いまつ毛や細いまつ毛も根元から1本1本セパレートさせながらカールを固定。まつ毛の黒色をより美しく引き立ててくれる、クリアなネイビーブラックのカラーで印象的な目もとに仕上げてくれます。

ナチュラルに仕上げたいときは、下地ではなくマスカラとして使うのもおすすめです。

【商品詳細】
セザンヌ『カールキープベース ネイビーブラック』 / メーカー希望小売価格600円(税別)

■ファシオ 「パワフルフィルム マスカラ(ロング)」

ファシオ「パワフルフィルムマスカラ」

出典: GATTA

お湯で簡単にオフできるフィルムマスカラなのに、しっかりとカールをキープ。ビューラーで上げてもすぐ落ちてきやすいまつ毛も、長時間カールし続けてくれるありがたい存在です。

細めのストレートブラシが塗りやすく、しばらくまつ毛をブラシで持ち上げたままにしておくと、より固定できますよ。繊細な美ロングまつ毛を目指す方にもおすすめです。

【商品詳細】
ファシオ『パワフルフィルム マスカラ(ロング)』 / 本体価格 1,200円(税抜)

■ヒロインメイク「ロング&カールマスカラ スーパーWP」

ヒロインメイク「ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム」

出典: GATTA

瞬間ロック成分と形状持続ポリマー配合、さっと塗るだけで強力な上向きカーブを長時間キープ! ツバキオイル・ローヤルゼリーエキス・アルガンオイルなどまつ毛美容液成分も配合されています。

繊維をまつ毛にキレイにのせられる、目の形に沿うカーブブラシ。ウォータープルーフ+オイルプルーフのW耐久処方で、1日中パンダ目にならないところも魅力です。

【商品詳細】
ヒロインメイク『ロング&カールマスカラ スーパーWP』 / 本体価格 1,000円(税抜)

■ヒロインメイク「ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム / マイクロマスカラ アドバンストフィルム」

ヒロインメイク「ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム/マイクロマスカラ」

出典: GATTA

お湯落ちなのに、水や汗に強いことで有名なヒロインメイクの第3のマスカラ。

通常タイプはブラシが太すぎず程よくカーブしていて、目の形に沿ってマスカラが塗りやすくなっています。ダマになることなく、まつげ1本1本をキャッチして長さを出しつつ、カールもキープ! 人気だった極細タイプも定番化され、下まつげを塗るのに重宝します。

【商品詳細】
ヒロインメイク『ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム / マイクロマスカラ アドバンストフィルム】 / 1,320円(税込)

■CANMAKE「クイックラッシュカーラー ロングマスカラ」

CANMAKE「クイックラッシュカーラー」

出典: GATTA

カールキープ力に長けていることで有名なCANMAKE(キャンメイク)の『クイックラッシュカーラー ロングマスカラ』。カールキープ力はそのままに、繊維がまつげの長さを出してくれるのが特徴です。

ウォータープルーフ処方で、汗や涙にも滲みにくくなっています。繊維がしっかりと入っているので、まつげにボリュームも出すことができます。

【商品詳細】
CANMAKE『クイックラッシュカーラー ロングマスカラ』 / 748円(税込)

 

裏技を少し取り入れてみるだけでも、カールの持続力が変わるはず! 上向きカールまつ毛を目指して、明日のメイクからさっそく取り入れてみてくださいね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。
※ 商品は取材時のものになり、価格は編集部調べです。

【画像】
※Fast&Slow、Taka、voyagerix/ PIXTA(ピクスタ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング