新年を迎える前に模様替え!「海外風インテリア」で旅気分

GATTA / 2017年12月7日 22時0分

写真

年の瀬の12月。新しい年を迎える前の大掃除を始めた方や、「もうそろそろしないとな」と考えている方も多い時期ではないでしょうか。大掃除をきっかけに、部屋のインテリアもガラっと変えてみませんか?

今回は、私が海外で出会った、自宅に取り入れたいインテリアをご紹介します。

白×青のエーゲ海風 インテリアでリゾート気分

出典:https://gatta-media.com

白×青と言えば、ギリシャを思い浮かべる人も多いのでは? エーゲ海風のリゾートスタイルのインテリアのポイントは、“色”。青と白をポイントに色選びをしましょう。

出典:https://gatta-media.com

家具は木製のものを選んで、テキスタイルの生地は粗めのものを選ぶと雰囲気がでますよ。

出典:https://gatta-media.com

中々気に入ったものが見つからない場合は、DIYをするのも一つの手かも。木製の家具を白塗りにしてサンドペーパーでこすって作る家具。手間や時間はかかるけれど、世界に一つだけしかないオリジナルの家具は大切な宝物になること間違いなしです!

グリーンを取り入れて、気分はカリフォルニア

出典:https://gatta-media.com

海外インテリアのトレンドは、グリーンを取り入れること。日本でも、観葉植物をインテリアに取り入れてる方が多いですよね。

出典:https://gatta-media.com

海外では、壁紙にもグリーンを取り入れるのが流行っています。アメリカやハワイなどのレストラン、またオーストラリア人の知り合いのご自宅にお邪魔すると、ゴムの木など大きなグリーンがあしらわれたインパクト大な壁紙を目にすることが増えました。グリーンと“とう家具”や、“木製家具”を合わせるとおしゃれですよね。

出典:https://gatta-media.com

「壁紙を変えるのはちょっと大変だけど、グリーンを取り入れたい!」と言う方にはオーストラリアの『charlie green studio(チャーリー・グリーン・スタジオ)』がオススメです。

壁掛けできるグリーンのアートは、シンプルな白の壁やコンクリート壁にもよく合いますよ。

グリーン×アンティーク調の家具

出典:https://gatta-media.com

『Rustic(ラスティック)』という言葉はご存知ですか? 日本語では、「錆びた」や「飾り気のない」などの意味に訳されますが、海外でいうrusticインテリア、日本語はアンティーク調インテリアに近い言葉だと思います。

出典:https://gatta-media.com

鉄素材の家具などは全般的に『rustic』と呼びます。こちらも最近では、海外のインテリア雑誌によく取り上げられている流行の一つ。グリーンとの相性もいいですよね。

出典:https://gatta-media.com

 

インテリアは、統一感が大切。お金をかけなくても、時間をかけることでおしゃれになります。また、自分でテーマを決めて選んだインテリアは居心地が良く愛着が湧きます。模様替えをして新しい年を迎えてみてはいかがでしょうか。

GATTA(ガッタ)

トピックスRSS

ランキング