歯磨き、メイクしながら!これなら続く「簡単おうちエクササイズ」5つ

GATTA / 2018年2月27日 22時30分

写真

男性はもちろん、女性アスリートの活躍にも日本中が湧いた平昌オリンピックも閉幕しましたね。“スポーツって素晴らしい!”と思った人がたくさんいるはず。

そして、“私も体を動かそう”とエクササイズをしたい気持ちが高ぶっている人も少なくないのではないでしょうか?

「もう三日坊主にならない!スグできる“エクササイズを続ける”コツ3つ」の記事では、おうちエクササイズをする際のモチベーションを保つ方法をお伝えしましたが、今回はちょっとしたおうち時間を有効活用する方法を紹介していきたいと思います。

 

おうち時間は最高のエクササイズタイム

朝身支度をしているときや、帰宅後の自由な時間。何気なく過ごしてしまいがちですが、ちょっとした工夫で最高のエクササイズタイムに変えることができます。

ここでは、おうちでのシーン別にエクササイズ可能なボディパーツを挙げていきます。

(1)洗顔・歯磨き・・・ふくらはぎ・足首

立った状態でおこなう洗顔や歯磨き。かかとの上げ下げをしながらおこなうと、ふくらはぎ・足首のエクササイズになります。

ふくらはぎの筋肉が刺激されて血行が促進されるため、夜はむくみケアとしておこなってもよいでしょう。

(2)メイク時・・・お腹まわり

メイクは椅子に座っておこなう人、床に座っておこなう人、なかには立っておこなう人もいるでしょう。これらのどの姿勢でもエクササイズできるパーツ……それはお腹まわり。

へそを中心に上体を右にねじったらお腹に軽く力を入れ、その状態を保ちながらメイクをしてみて。少しキープしたら左。

内臓にも心地よい刺激が加わって、内臓機能の活性化につながります。

(3)テレビを見るとき・・・股関節

テレビを見るときは、床に座って開脚をし、股関節の柔軟性を高めるエクササイズをしてみてはいかがでしょうか?

股関節が柔らかくなると、下半身の血流が促されて冷えやむくみの予防・改善に効果が期待できます。

(4)入浴時・・・頭皮

頑張り屋さんの現代人の頭皮は、硬くこり固まっています。頭皮がこり固まると、顔のシワ・たるみの原因になるので、シャンプーをしているときや湯船に浸かっているときに頭皮を揉みほぐしてあげましょう。

こめかみの辺りから頭頂部に向けて、小刻みに動かしてあげるとよいですよ。

(5)スマートフォンを見るとき・・・太もも

椅子にダラッと座ったり、ベッドに横になったりしながらスマートフォンを見ている人は、思い切って立ちましょう。そして、壁に背をつけて立ち、足幅を広くして腰を下げる“空気椅子”で太もものエクササイズを。

ひざが前に出すぎると負担がかかるので、つま先よりもひざが前に出ないように気を付けながら行ってください。

 

あえて時間を作らなくてもできるおうちエクササイズを紹介しました。今、スマートフォンでこの記事を読んでいるそこのあなた! 早速壁の前に移動して、太もものエクササイズをしてみましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング