仕事終わりは足パンパン…「タオルだけでできる」スッキリヨガポーズ【NattyYoga】

GATTA / 2018年3月14日 22時30分

写真

仕事帰りに足がパンパンで辛い、なんとなく血流が滞ってる気がする……なんて思うことありませんか?

そんな時に、ベッドの上でも簡単にすぐできる、『スプタ・パダングシュターサナ』というおすすめのポーズがあります。

簡単バージョンを動画とともにご紹介しますので、身体が硬いという人もぜひ一緒にやってみてくださいね!

 

動画を見ながら…LET’S TRY !

今回はポーズ名である“親指”は使わずにタオルやヨガストラップなどを使って行います。いつもより深い呼吸を意識して行ってくださいね。

(1)まずは仰向けになりましょう。

(2)片ひざを曲げてタオルを用意します。

(3)足裏にひっかけて、ひざを曲げたまま背筋を伸ばしましょう。

(4)そこから息を吸って吐きながらひざを伸ばしましょう。

(5)足が伸びて気持ちいい位置でタオルを持つようにしてください。

(6)ご自身のペースで呼吸を繰り返します。(目安5呼吸)

(7)ゆっくりポーズをほどいて、反対も行いましょう。

 

ポーズをとるときのコツ

・下ろしている反対の足先は天井に向けましょう。かかとが上がらないように注意しましょう。

・無理をしてしまうと怪我につながります。気持ちいい位置で呼吸を繰り返してみましょう。

・肩はなるべく力を抜いて、耳と肩の距離を離しましょう。

 

ヨガ的おすすめポイント

余裕がある方はタオルを使わず、片手の人差し指と中指を使って、足の親指をつかんでポーズをとってみましょう。

 

上半身と下半身をつなぐ場所の血流が滞っていると、足のむくみが起きやすくなります。

このポーズで股関節、骨盤周りをほぐしながら、スッキリ足を目指していきましょう。

 

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるはず。完璧なポーズを目指す必要はありません。自分できる範囲でチャレンジしてみてくださいね。

GATTA(ガッタ)

トピックスRSS

ランキング