言いたいことが伝わらない?子どもと話すときに意識すべき3つのこと

GATTA / 2018年3月15日 23時0分

写真

子どもに話が全然伝わらない……。よくあることですが、非常に残念な悩みですよね。

今回は楠本佳子 著『12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣』を参考に、子どもに話をする時は気を付けたい“タイミング”についてご紹介します。

 

子どもだったらどう思うかを考えてみましょう

子どもに何かを伝えたあと、いつも言いっぱなしで振り返りをしていない人が多いのではないでしょうか?

もし、振り返っていなければ自分が口に出した言葉を、自分が子どもならどう感じるだろうか?と考えてみましょう。子どもの視点を考えるくせをつけることで、子どもを理解し、子どもにちゃんと伝わる言い方や表現を工夫するベースになります。

 

人間は前もって言われてもわからない

危ないから気をつけなさいと言われても、やっぱり転んでしまうのが人間なのです。転んだときに言われないとわからないわけです。

つまり“転んだ時”こそ“言うべきタイミング”ですし、子どもの聞く準備ができたタイミングともいえます。転んだタイミングでの“こういう場所は危ないから、次からは気をつけようね”と言えば、子どもは文字どおり体で覚えることができるのです。

 

本当に聞いてほしいことは静かに言う

“いちばん効果的なタイミング”を待ちながら、伝え方で意識したいことは“静か”に伝えることです。

子どもは他のことに夢中になっているときに何を言われても、全く耳に入っていません。だからこそ、本当に聞かせたいことを言うときは、ガンガン言うよりも、静かに言ったほうがいいのです。

静かに言うためには、子どもが落ち着いて聞く態勢になっていないといけませんよね。タイミングはここでも重要なのです。

 

子どもだからといって“タイミング”を疎かにしないことが重要です。“タイミング”を見て、伝えたいことは“静か”に伝えてみましょう。

 

【参考】

※ 楠本佳子 著『12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣』(CCCメディアハウス刊)

【画像】

※ Mladen Mitrinovic / shutterstock

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング