1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

なんとなくだるい…東洋医学で見る「春うつ」のときに食べたいモノ

GATTA / 2018年4月20日 20時30分

写真

新生活に慣れた頃になりがちな“五月病”。なんだかやる気が出ない、なんとなく憂鬱……。この時期に、そんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

春は自律神経が乱れやすいから、“春うつ”になりやすいといわれていますが、春の気持ちの落ち込みは東洋医学でも解説ができるんです。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、春うつ対策に食べたい物をご紹介したいと思います。

 

春うつは春の五臓「肝」の影響かも

東洋医学では、春は“肝”と関わりが深いとされる季節。東洋医学の“肝”は、肝の気が体の中をぐるぐる回ることで体がちゃんと機能し、血液を貯蔵して血流を調整しているとされています。

健康に過ごすために欠かせない働きをしているのですが、困ったことに“肝”はちょっと繊細でストレスに弱い五臓。

冬から春に入り、季節が陰から陽に入ったことで、大地に陽気が増えるのですが、この陽気は人体にも入ってきます。すると、肝は気が増えすぎて、肝気が通り過ぎるとイライラして怒りっぽく、肝気が滞ると気持ちが塞いで鬱々としてしまうのです。

 

ストレス・不摂生は気を消耗する

環境の変化が多い4月、慣れない環境や人間関係に毎日刺激を受けつつ、知らないうちにストレスが溜まっていることも。

また、歓送迎会や休日のレジャーや飲み会など、いつもの生活パターンと大きく違うリズムで過ごしたり、暴飲暴食をしたり、不摂生が続いてしまった人も多いのではないでしょうか。

ストレス、不摂生、寝不足などは、どれも気を消耗してしまう原因。気が不足することでやる気が出ない、なんとなくだるいを引き起こしてしまうのです。

 

気を補充する方法は?

体を休める、無理をしないことなどに加え、春は気持ちをのびやかに過ごし、平穏な気持ちで過ごすことが大切だといわれています。怒りの感情は“肝”を傷付けるので、おおらかな気持ちでいることが、春を健康に過ごす秘訣です。

気は飲食で補うことができ、薬膳では、“補気(ほき)”といって、気を補うパワーがある食材があります。

代表的なものには、玄米、さつまいも、山芋、大豆、カカオ、アスパラガス、枝豆、アボカド、ココナッツ、うなぎ、えび、かつお、たこ、牛肉、甘酒など。

また、肝が正常に働くようにサポートしてくれる“養肝”の食材には、ローヤルゼリー、いちご、うなぎ、レバーなどがあります。

食材選びの参考にしてくださいね。

 

東洋医学では心の不調は体の不調につながると考えられています。

春は心が不安定になりやすい時期ですが、気分転換をしたり、プチご褒美を設定したりして、前向きに毎日過ごせるように工夫してみてくださいね。

【画像】

※ Lolostock/Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください