日々のクセが脚を太くする!? 「太ももが痩せにくい」NG習慣&対処法

GATTA / 2018年7月11日 21時30分

写真

いくつになっても“美脚”は憧れてしまうもの。脚のきれいな人を見ると、羨ましいのと同時に、私も頑張ろうと思いますよね。

とはいえ、ダイエットをするにも重い腰はなかなかあがらないのが現実。なんだか年々太くなっていくような気がする自分の太ももを、見て見ぬふりしていませんか?

体型は1日で変わるものではなく、日々の積み重ねで変化していきます。それなら脚が太くなる原因をつくらないことが一番ですよね。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が“太ももが太くなりやすいNG習慣と対処法”をご紹介します。

 

無意識に脚を組んでいる

脚を組む、正座を横に崩した“横座り”をするなど“骨盤が歪みやすいこと”をしていませんか?

左右のバランスが悪いとどちらかの脚に負担がかかり、余分な部分が太りやすくなってしまいます。

また、骨盤が歪むと骨盤が開いて太ももの外側が張り出すことでお尻が大きくなったり、太ももが太くなったりする原因のひとつにも。

猫背は気にしている人が増えていますが、下半身もしっかり姿勢を意識して生活しましょう。歪みがひどいときは骨盤矯正の施術もおすすめです。骨盤矯正のストレッチなどもあるので、気になる人は取り入れると良いと思います。

 

当たり前のようにエスカレーターに乗る

運動不足や加齢で筋力が低下することも、太ももが太くなる原因のひとつでいえるでしょう。

内ももにある内転筋が弱ることで隙間がなくなり、太ももの裏の筋肉が弱ることでお尻が下がりやすくなります。すると、太ももも太くなりがちに。

筋力の低下を感じるのなら、今までよりも歩くように心がけるだけでも変化があると思います。

また、椅子に座るときに、脚を揃えてひざをつける意識も効果的。ひざが開いてしまうのは内ももの筋肉が弱いことも原因です。座り姿も美しく見えるので、デスクの下でひざを閉じて、密かに美脚を目指しましょう。

 

暑いから夏は湯船に浸からない

クーラーが効いていて、意外と冷えやすい夏。血行不良で脚がむくみやすい人も多いと思います。

巡りが悪いと老廃物や余分な水分が停滞し、脚がむくんで太くなる原因のひとつになってしまいます。放置しておくと、むくみはやがてセルライトの原因にもなりかねません。

水圧がかかる入浴がおすすめではありますが、入浴が苦手な人は、手軽な“足浴”を試してみてはいかがでしょう。末端を温めるだけでも血行促進が期待できますよ。

また、冷たい水分の摂り過ぎ、味の濃い食事、脂っぽい食事も、体がむくみ、脚が太くなる原因のひとつです。

食生活が乱れがちな夏ですが、夏バテや倦怠感の元にもなるので、自分の身体を労わりながら口にするものを選びましょう。

 

太ももが太くなるNG習慣を見直すだけでも脚のラインに変化があるかもしれません。まずは鏡で自分の脚を客観的に見て、以前より太くなったと感じたら、参考にしてみてくださいね。

【画像】
※ L Julia、Phat1978/Shutterstock

GATTA(ガッタ)

トピックスRSS

ランキング