SNS映えスポット多し!旅ライターが推す「シカゴ女子旅」街歩きコース

GATTA / 2019年3月11日 21時30分

写真

アメリカ中西部のミシガン湖沿いにあるシカゴは、商業・金融・流通など多くの分野において重要な拠点となる都市。

まだ“観光”で訪れたことのある方は少ないかもしれませんが、シカゴの中心部は、とてもコンパクトで街並みが整い、見どころがいっぱい。

そこで今回は、シカゴ女子旅のモデルコースを、トラベルライターの石原有起さんに教えてもらいました。

 

全米2番目!「ウィリス タワー」展望台から、街並みを一望

12世紀中頃に北フランスで花開いたゴシック様式や、古代ギリシア建築をベースにした古典的なグリーク・リバイバル様式、20世紀初頭の近代建築であるアールデコ様式など、さまざまな建築様式が立ち並ぶ景観は、建築好きにはたまりません。

高層ビルが立ち並ぶシカゴの中で最も高い建物が、527.3mの『ウィリス タワー』。アメリカで2番目の高さで、シカゴ観光では外せないスポットです。

103階の展望室からは、ダウンタウンを見下ろす絶景が360度広がっています。

立ち寄りたいのは全面ガラス張りのバルコニー『ザ・レッジ』。床面もガラス張りでできていて、ビルから突き出るように造られているので迫力満点! ガラスの床面は地上から412mという高さなので、下を見ると人や車が豆粒のよう。思わず足がすくんでしまうかもしれません。

休日の午後から夕暮れ時は特に混み合っているので、ゆっくり写真撮影をしたいなら、平日の朝早い時間などが狙い目ですよ。

 

アートの街、シカゴ。「シカゴ美術館」は外せない見どころ

シカゴには世界有数の美術館・博物館もたくさんあります。正門前にライオン像がどーんと鎮座する『シカゴ美術館』は、全米三大美術館のひとつで、フランス印象派の作品が多いのが特徴。

2階の印象派ギャラリーの一画には、シカゴ美術館を代表する1870年代の大作、ギュスターブ・カイユボットの巨大な作品が置かれています。

大胆な構図や人の配置、霧や雨の雰囲気がリアルで美しく、しばらく目を奪われてしまいます。

ほかにも、珠玉の名作といわれているのが、ジョルジュ・スーラの『グランドジャット島の日曜日の午後』。

シカゴ美術館寄贈者の遺言により他の美術館への展示は行われないため、ここでしか見られない貴重な作品で、美しい点描画と色使いが印象的です。

そのほか、レンブラントの『金の首飾りの男』、エル・グレコの『聖母被昇天』など、有名作品が数え切れないほど。日本でも人気が高いセザンヌやルノワール、モネの名画も揃っているので、美術に詳しくなくても楽しめるでしょう。

 

街のあらゆるところにある「パブリックアート」にも注目

美術館やアートギャラリーだけでなく、何げなく街中を散歩しているだけでもアート作品に出会えてしまうのが、シカゴ。

シカゴ美術館の隣にある大人気フォトスポットが、ミシガン湖沿いの憩いの場『ミレニアムパーク』にある豆の形をした彫刻『クラウド ゲート(通称:ビーン)』。

季節や天候、自分の立ち位置や周りの人の状況によって、映り込む景色が変化するため、どの季節に訪れても新しい景色が見られます。歪んで映る街の景観も面白いので、数人で訪れてワイワイ写真を撮りあってみては?

 

チーズが伸び~る! 分厚い「シカゴピザ」を体験

シカゴ市内には美味しいレストランが点在していますが、気軽に味わえる人気のシカゴグルメといえば、”シカゴピザ”。一般的な薄い生地のピザとは異なり、“ディープディッシュ”と呼ばれる型で焼かれるため、キッシュのように厚みがあるのがユニーク。

この日は、シカゴ市内の人気店『ジョルダーノス』の、ミレニアムパーク近くにあるお店へ。

かなりのボリュームなので、1カットでも満腹になります。

サラダやチキンなど、サイドメニューも美味しいですよ。

 

夜はおしゃれをして、本場のジャズに酔いしれる

アメリカの南部で生まれ、シカゴで発展を遂げた音楽と言えば、ジャズ。夜は、本場のジャズを聴くためにライブハウスへ出かけてみましょう。

ネイビーピアにある『ウィンターズ・ジャズ・クラブ』は、堅苦しくないものの、ちょっぴりおめかしして行きたいジャズクラブ。

観客席のすぐ近くにステージがあるので、一体感は抜群! 奏でられる曲は、有名なヒットソングや往年の名曲も多く、英語が堪能でなくても楽しめるはず。

 

どこを見ても写真を撮る手がとまらないほど魅力にあふれているシカゴは、ここ数年、グンと行きやすくなったことも、女子旅におすすめの理由です。

シカゴへの直行便は羽田空港から毎日出ているので、羽田を朝の10時半頃に出発し、シカゴには朝7時頃に到着。着いた日から一日を有効に使えるのが大きなメリットといえるでしょう。

春先から夏にかけては、建築ウォーキングツアーやリバークルーズツアーも開催されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【旅のinfo】
ウィリス タワー
シカゴ美術館
ミレニアムパーク
ジョルダーノス
ウィンターズ・ジャズ・クラブ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング