老け見えの原因?「目じり・口もとのシワ」美容家おすすめの乾燥対策

GATTA / 2017年11月14日 21時0分

写真

老け顔に見えてしまう原因のひとつ、目じりや口元の小ジワ。年齢を重ねるにつれ悩みが大きくなっている人も多いのではないでしょうか。実は、これらは乾燥ジワが悪化したものが多いんです。だからこそ、乾燥ケアを徹底することで目じりや口もとの悩みを軽減することに繋がります。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がおすすめの乾燥ケアアイテムについて解説していきます。

 

目もと&口もと専用パック

目もとや口もとの乾燥ジワ対策は、“防ぐケア”が大切です。でも定期的にシートマスクなどでスペシャルケアをしていても、意外と目もとや口もとはケアが不十分、という方が多い気がします。

理由のひとつとして考えられるのは、シートマスクの目もとや口もとあたりは“丸い穴が空いている”のに、その部分のケアは忘れがちだということ。つまり、せっかくスペシャルケアをしていても、保湿が不十分になってしまっているところもあるんです。

そこでおすすめしたいのが、“目もとや口もと専用のシートマスク”。お顔全体のシートマスクで保湿が不十分となってしまいがちな部分を、こうした部分用シートマスクを使って保湿することで、乾燥小ジワの防止に繋がりますよ。

 

目もとケア専用の美容液をプラス

目じりや口もとのシワが気になりだしたら、乾燥小ジワを防ぐケアだけでは足りないかもしれません。

そんなときにおすすめしたいのは、目もと・口もと専用ケアの美容液やクリーム。実は保湿だけでなく、エイジングケア成分も含まれているものがほとんど。乾燥ケアと失われかけたハリへアプローチする、ダブルのケアが必要なんです。

ただし、お肌に塗るときはこすらないように、優しく・ソフトタッチを意識しましょう。目もとや口もとの皮膚は薄くデリケートです。摩擦などの刺激を与えてしまうとシワの原因になるので注意してくださいね。

 

専用アイテムがなくても大丈夫

わざわざ専用アイテムを購入しないとケアはできないの?と疑問に思った方もご安心を。とにかく“目もと・口もと”をしっかり保湿してあげれば十分です。

用意するのはコットンと普段使用している化粧水。コットンにたっぷり化粧水を含ませてコットンパックをしてください。目もとや口もとの気になる部分にコットンをのせて数分、コットンが乾く前にオフして素早くクリームなどでフタをします。化粧水のあとに、保湿効果の高い成分やエイジングケア成分が配合されている美容液やクリームを使用することがおすすめです。

 

美意識の高い方で、定期的にスペシャルケアとしてシートマスクなどをしていても、目もと・口もとのケアが不十分だったということは意外とありがち。デリケートなうえ乾燥もしやすいパーツなので、今すぐ見直してみてくださいね。

GATTA(ガッタ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング