横浜FCが今季初の3連勝、札幌は小野加入後初黒星

ゲキサカ / 2014年7月31日 1時11分

[7.30 J2第24節 札幌0-1横浜FC 札幌ド]

 横浜FCが敵地でコンサドーレ札幌を1-0で下し、今季初の3連勝を飾った。札幌は6月7日の讃岐戦以来7戦ぶりの黒星。MF小野伸二が加入以降初の敗戦を喫してしまった。

 決勝点を奪ったのは地元凱旋を果たしていたDF市村篤司の左足から生まれた。後半17分、右サイドでボールを持った市村はエリア内のFW野崎陽介に入れる。シュートに繋がらず、DFに当たってこぼれるが、そのままエリア内に入っていた市村が拾うと、左足を豪快に振り抜いた。「両親を含め、知り合いが多くいる中でゴールを決めることが出来て良かった」。市村は前々節の岐阜戦以来今季2ゴール目。自身の好調ぶりがチームの3連勝に繋がっている。

 対する7試合ぶりの敗戦を喫した札幌。ホームでは5月12日の愛媛戦以来の黒星となった。注目の小野はフル出場を果たし、テクニカルなプレーでスタジアムを沸かせたが、自身も序盤にゴール前で迎えたチャンスを押し込めないなど、フラストレーションの溜まる試合になってしまった。勝ち点を伸ばせなかった札幌は、順位も8位に下った。

▼関連リンク
[J2]第24節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング