[CL]スタンダール、ホームでの第1戦はスコアレスドロー…川島はフル出場

ゲキサカ / 2014年7月31日 5時4分

[7.30 欧州CL予選3回戦第1戦 スタンダール・リエージュ0-0パナシナイコス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は30日、予選3回戦第1戦を各地で行った。日本代表GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュはホームでギリシャのパナシナイコスと対戦し、0-0で引き分けた。川島は先発フル出場。小野はベンチメンバーから外れた。なお、プレーオフ進出を掛けた第2戦は敵地で来月5日に行われる。

 スタンダールは昨シーズン、レギュラーシーズンを首位通過したが、プレーオフでは思うように勝ち点を得られず2位フィニッシュ。予選3回戦から2009-10シーズン以来の本選出場を目指す。一方、過去にFC東京のMF梶山陽平も所属していたパナシナイコスは、リーグ戦2位で予選3回戦からの参加となっている。

 試合は前半16分、右クロスからゴール前で混戦となり、最後はMFムヤンギ・ビアが右足シュートを放ったがDFにブロックされる。同38分、DFファン・ダンメのロングフィードに抜け出したFWイゴール・デ・カマルゴが左PA内から左足を振り抜くもGKのセーブに阻まれた。

 後半7分、12分には川島の好セーブでピンチは逃れたものの押し込まれる時間が続くとガイ・ルゾン監督が動く。ディフェンダーのローラン・シマンを下げてMFポール・ジョゼ・ムポクを投入し、攻勢を強める。すると同27分、MFカルセラ・ゴンサレスが左サイドの深い位置から上げたクロスをFWデ・カマルゴが右足ボレー。これは枠をとらえたがGKに弾き出されてしまった。

 その後はお互いに決定機を作り出せず、一進一退の攻防が続く。後半アディショナルタイム1分、自陣からデ・カマルゴのスルーパスにFWイモー・エゼキエルが抜け出し、GKと1対1の状況を迎える。しかし、カバーに戻ったDFに後方から倒され、笛もならず、この試合最後にして最大のチャンスを逃した。結局、試合はそのまま0-0で終了。スタンダールはホームで先勝することはできなかった。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング