完璧や!!4戦13発のG大阪がJ1で3年ぶり4連勝!!

ゲキサカ / 2014年8月2日 20時6分

[8.2 J1第18節 G大阪2-0横浜FM 万博]

 ガンバの季節がやってきた!! ガンバ大阪はホームで横浜F・マリノスに2-0で勝利した。4連勝で勝ち点を27に伸ばしたG大阪。ここ4戦は13得点。守っても3度目の完封と、完璧な試合運びを見せている。

 ホームのG大阪は中断明け3試合3連勝と一気に降格圏を突破。巻き返しへ向け好スタートを切った。特に3試合で11得点の攻撃陣が好調で、新加入のFWパトリックが3得点を奪うなど、いきなりフィットしているのも大きい。対する横浜FMは中断明け初戦の広島戦を劇的勝利で飾ったものの、以降、3戦3引き分け。順位も10位まで後退してしまっている。

 試合は前半から固いゲームとなった。G大阪の遠藤保仁、横浜FMの中村俊輔と両チームに日本屈指のプレースキッカーがいることからセットプレーがカギを握ると見られたが、互いに集中した守りで、相手に良い位置でのFKを与えない。前半のシュート数はG大阪が3本、横浜FMに至っては1本に終わるなど、我慢比べの展開になった。

 後半に入っても試合は動かない。G大阪は4分にFW宇佐美貴史がループ気味のシュートでゴールを狙うが、枠を捕えたシュートはGK榎本哲也に弾き出されてしまう。その後も宇佐美が中心となってチャンスメークを図るが、あと一歩踏み込めず、スコアレスのまま時間だけが刻々と過ぎていった。

 だがやはりセットプレーが試合を動かした。後半38分、G大阪はFKを獲得すると、遠藤がボールをセット。ふんわりとしたボールをゴール前に上げると、パトリックが頭で合わせる。前節の神戸戦でも2得点を奪っているホットラインが、この日も開通。さらに同45分にはDF藤春廣輝のラストパスを受けた遠藤が流し込み、勝負を決めた。G大阪はJ1では2011年シーズン以来9月以来、3年ぶりの4連勝を飾った。
▼関連リンク
[J1]第18節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング