[総体]ロングスローから劇弾!中京大中京が初出場・駒澤大高に競り勝つ

ゲキサカ / 2014年8月2日 22時14分

[総体]ロングスローから劇弾!中京大中京が初出場・駒澤大高に競り勝つ

[8.2 全国高校総体1回戦 駒澤大高0-1中京大中京高 長坂総合スポーツ公園]

 中京大中京高(愛知2)は1回戦で初出場の駒澤大高(東京1)に1-0で競り勝った。試合終了間際の後半32分にロングスローから決勝点。明日3日の2回戦では矢板中央高(栃木)と対戦する。

 両チームともにフィニッシュまで持ち込む回数が少ない拮抗した試合となった。70分間を通してシュート数は中京大中京が6本、駒澤大は3本。そんな膠着状態を破ったのは中京大中京の“飛び道具”だった。

 後半32分、右サイドからDF水口豪(2年)がゴール前にロングスローを放り込むと、途中出場のMF松岡広大(3年)が右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。これが劇的な決勝点。中京大中京が接戦をものにし、初戦を突破した。

 2010年度に全国高校選手権に初出場し、3回戦まで進出した駒澤大高だが、初の全国高校総体は初戦敗退に終わった。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング