[総体]野洲は徳島市立に4発快勝で初の3回戦進出決める

ゲキサカ / 2014年8月3日 23時46分

[総体]野洲は徳島市立に4発快勝で初の3回戦進出決める

[8.3 全国高校総体2回戦 野洲高4-1徳島市立高 韮崎市営総合運動場]

 野洲高(滋賀)は2回戦で徳島市立高(徳島)に4-1で快勝し、初の3回戦進出を決めた。4日の3回戦では、前回王者・市立船橋高(千葉)を破った広島皆実高(広島)と対戦する。

 1回戦をともにPK戦の末、勝ち上がってきた野洲と徳島市立。この日は野洲が決定力の高さを見せた。前半12分、MF平石健祐(3年)の左CKにMF田畑翔伍(3年)が頭で合わせ、先制点。2戦連発となった田畑は前半19分にもFW山元壮太郎(1年)のパスから2点目を奪った。

 2点リードの野洲は前半28分、DF近藤裕貴(2年)がインターセプトから自らドリブルで持ち込み、左足で追加点。3点を追う徳島市立も後半8分、FW岸田大世(2年)のシュートのこぼれ球をFW大西致誠(3年)が押し込み、1-3と1点を返すが、野洲は後半アディショナルタイム、途中出場のMF徳田竣希(1年)がダメ押しゴールを奪った。

 05年度の全国高校選手権を制し、日本一を経験している野洲だが、全国高校総体は初出場だった02年大会の2回戦進出が過去最高成績で、08年、11年、13年大会はいずれも1回戦敗退。12年ぶりの初戦突破に続き、全国総体では初のベスト16入りとなった。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング