[Fリーグ]GK宮竹復帰の大阪が仙台から3試合ぶりの勝利を挙げる

ゲキサカ / 2014年8月4日 13時53分

[Fリーグ]GK宮竹復帰の大阪が仙台から3試合ぶりの勝利を挙げる

[8.3 Fリーグ2014/15第7節 大阪3-1仙台 住吉]

 Fリーグは3日、第7節の5試合を各地で行い、シュライカー大阪はホームでヴォスクオーレ仙台と対戦し、3-1で勝利した。大阪はリーグ戦で3試合ぶりの勝利。一方、今季からFリーグに参入している仙台は、開幕戦から未勝利(2分5敗)が続いている。

 GK宮竹晴紀が復帰し、先発入りした大阪は、前半12分にFP江口孝一が先制ゴールを決めて、先手を取る。後半2分にも大阪は、日本代表FP佐藤亮が追加点を挙げて、リードを2点に広げた。

 前半はシュート6本に終わった仙台も、後半は大阪ゴールに迫ったが、得点を挙げることができない。逆に後半16分に大阪は、FP林浩平が追加点を決めて、勝利を引き寄せる。仙台も残り28秒で、FP渡邊一城が意地のゴールを決めたが、反撃もここまで。大阪がホーム2勝目を挙げている。

 試合後、大阪のFP村上哲哉は、自身の公式ブログ『完全燃焼』で「先週、北海道に負け、悔しい思いをしていた分、なんとしても勝利がほしかった」と試合を振り返り、「住吉区スポーツセンターでの初開催!! 雰囲気も良く、たくさんの応援に後押しされ、気持ちよくプレーできました。ありがとうございました」と、サポーターに感謝した。そして、「次節からはAWAYが続きますが、みんなの思いを胸に全力で戦ってきます」と、セントラル1試合を挟んで3試合をアウェーで戦う今後のゲームを見据えた。

 次節、大阪はアウェーで府中アスレティックFCと、仙台もアウェーでバルドラール浦安と対戦する。

[写真]ドリブルで仕掛ける大阪FP林浩平。ダメ押しの3点目を決めた

シュライカー大阪 3-1(前半1-0)ヴォスクオーレ仙台
<得点者>
[大]江口孝一(12分)、佐藤亮(22分)、林浩平(36分)
[仙]渡邊一城(40分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング