内田の同僚DFパパドプロスがレバークーゼンへ期限付き移籍

ゲキサカ / 2014年8月4日 13時30分

内田の同僚DFパパドプロスがレバークーゼンへ期限付き移籍

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケが3日、DFキリアコス・パパドプロスがレバークーゼンへ期限付き移籍することを発表した。

 クラブ公式ウェブサイトによると、パパドプロスの移籍にホルスト・ヘルトSDは「負傷による長期離脱をした後、より多くの出場機会がほしいというキリアコスの願いだったから、我々もこの移籍に同意した。彼の願いが叶うことを祈っている」とコメントしている。

 1992年2月23日生まれの22歳は、07年からオリンピアコスに所属し、10年からシャルケでプレーしていた。しかし、12年11月にヒザを負傷して長期離脱。昨季中盤に復帰し、昨季は4試合に出場していた。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング