“米国のレジェンド”ドノバンが今季限りで現役引退へ…32歳の決断

ゲキサカ / 2014年8月8日 11時24分

“米国のレジェンド”ドノバンが今季限りで現役引退へ…32歳の決断

 アメリカ代表MFランドン・ドノバン(32)が7日、2014年シーズン限りでの現役引退を表明した。所属するMLSのロサンゼルス・ギャラクシーを通じて発表している。

 ドノバンは1982年3月4日生まれ、アメリカ出身の32歳。2000年に出場したシドニー五輪では決勝Tで日本代表を破るなど、チームの中心として4位躍進に貢献。同年アメリカA代表デビューを飾ると、通算156試合に出場。57得点57アシストなど、いずれも同国歴代最多記録を保持している。また、近年はスター選手の参加も目立つアメリカMLSだが、リーグの顔として活躍。しかし4度目の出場が期待された今夏のブラジルW杯では直前でメンバー落ちとなるなど、物議を醸していた。

 LAギャラクシーのHPでドノバンは声明を発表。「何度も話し合い、慎重に話し合いを進めた結果、プロとしての最後の年にすることにした。私は私をここまで育ててくれたすべての人に感謝したいと思う」などと話している。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング