U-16代表はU-16イラン代表にPK勝ち、新潟合宿を2連勝で終える

ゲキサカ / 2014年8月9日 22時47分

 新潟県で強化合宿を行っていたU-16日本代表は8日、U-16イラン代表と親善試合を行い、1-1から突入したPK戦を5-3でものにした。6日に行った同チームとの親善試合(2-0)に続き、2連勝で合宿を終えた。

 来月にはタイ・バンコクで開催されるAFC U-16選手権2014を控える同代表。JFAによると、吉武博文監督は「最終予選に出場する23人を決定するという大きなテーマは達成された」と今合宿を評価。「最後の1~2人を決めるのは大変難しい選択でしたが、2つ以上のポジションができる、どんな状況になっても平常心を崩さずコンスタントに力を発揮できる、自分の特徴を知り弱点を克服できる、という観点から自信を持って23人が選べた」と選考に自信を見せた。

 U-16代表は18日から再び国内で合宿を実施。バンコクに移動し、直前キャンプを経て、9月6日のグループステージ第1戦の香港代表戦に臨む。第2戦は中国代表、第3戦はオーストラリア代表と対戦する。なおこの大会で上位4チームに入れば、来年チリで開催されるU-17W杯への出場権を獲得する。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング