注目上位対決はスコアレス…湘南は11戦不敗、岡山はJ2単独3位の18戦不敗

ゲキサカ / 2014年8月10日 20時56分

[8.10 J2第26節 岡山0-0湘南 カンスタ]

 ファジアーノ岡山対湘南ベルマーレは0-0の引き分けに終わった。4月26日の札幌戦から続く敗けなし記録を18戦に伸ばした岡山は、J2リーグ記録単独3位に浮上。次節の北九州戦で2位の柏レイソルの記録(2010年、19戦)に挑むことになる。なお、同記録1位は2012年に甲府が記録した24戦。

 注目の上位対決は、最後まで均衡が破れることはなかった。ペースを握っていたのはやはり湘南。しかし岡山は全員が集中して湘南に攻撃の形を作らせない。

 両GKの奮闘も目立った。後半11分には岡山FW片山瑛一の地を這うようなミドルシュートをGK秋元陽太が倒れ込みながら左手一本で弾く。対する岡山GK中林洋次も同22分、FWウェリントンの決定的なヘディングシュートをビッグセーブで防いだ。

 試合はこのまま0-0で終了。3戦連続の引き分けに終わった湘南だが、11戦敗けなしで勝ち点は69に伸び首位を独走。岡山は敗けなしを18戦に伸ばすと、勝ち点は44。3位磐田が敗れたため、差は「3」に縮まった。

▼関連リンク
[J2]第26節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング