唯一の大学生プレーヤー、U-21代表DF室屋「大学生の代表として」

ゲキサカ / 2014年8月11日 22時49分

唯一の大学生プレーヤー、U-21代表DF室屋「大学生の代表として」

 招集メンバーの所属チームには、Jクラブの名前がズラリと並ぶ。その中で明治大学所属のDF室屋成はただ一人、大学生としてU-21日本代表候補トレーニングキャンプに参加している。しかし、U-17W杯をともに戦ったメンバーがおり、「すぐにチームに馴染めたと思いますよ」とはにかんだ。

 青森山田高出身の室屋はJクラブからオファーがある中、13年に明治大に進学。U-17日本代表時代のチームメイトであるDF岩波拓也(神戸)やDF植田直通(鹿島)、MF中島翔哉らがJリーグでプレーしており、「彼らがJリーグに出場して点を取ったり、活躍しているのを見て悔しい気持ちはありました」と悔しさを滲ませたが、ようやくスタートラインに立てたと意気込みを示している。

「でも、彼らには負けていられないとずっと思っていたので、この代表に選ばれたことでやっと同じ土俵に立てたと思います。うまい選手がたくさんいますが、その中でしっかりアピールしてメンバーに残りたいし、この場所でライバルたちには負けたくないです」

 唯一の大学生プレーヤーとなるが、そこにも誇りを持っている。「Jリーグでプレーしている選手とどれくらいの差があるのかを感じられると思うので、良い経験ができると思っていますが、大学生の代表としての自覚や責任感を持ち、しっかりプレーしていかないといけません」。

 少し遅くなったかもしれない。しかし、大学進学という決断を下した室屋は、ようやく戻るべきところに戻ってきた。「まだ選ばれただけなので、僕が大学に進んだのが正しかったかどうかは分かりませんが、ここで活躍して、このチームの主力になっていければ、自分の選んだ道は間違っていなかったと言えるので、何が何でもこのチームに残り続けたいと思います」。自らが選んだ道が正しかったことを証明するためにも、残り2日間での猛アピールを成功させて代表定着を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング