ジエゴ・コスタ2発、新戦力に満足するモウリーニョ

ゲキサカ / 2014年8月13日 15時10分

ジエゴ・コスタ2発、新戦力に満足するモウリーニョ

 チェルシーは12日、プレミアリーグ開幕前最後のテストマッチでソシエダと対戦し、2-0で快勝した。新戦力のFWジエゴ・コスタが2ゴールを挙げる活躍を見せた。

 試合開始早々の前半1分に先制点を決めたジエゴ・コスタは前半7分にもMFアンドレ・シュールレのシュートがポストを叩いた跳ね返りを押し込んだ。立ち上がりの2ゴールでリードを奪うと、守備陣も完封。ジョゼ・モウリーニョ監督は新戦力のストライカーを称えている。

「今日のジエゴはゴールを奪ったが、彼はチームプレーができる選手で、ハードワークを怠らない。あらゆる面でチームのために戦える選手だ」。クラブの公式HPによると、指揮官は攻守に貢献するジエゴ・コスタのプレースタイルに満足しているようだ。

「前線からの守備を怠らず、強いメンタルと野心を持ち合わせている。昨シーズンから期待していたし、だからこそ獲得した。我々は彼が来るのを待っていた。彼自身がうまくやれれば、すべてはうまく行く」

 同じく新戦力のMFセスク・ファブレガスも先発し、DFフィリペ・ルイスは途中出場した。「25歳から30歳くらいの年齢で最高の選手であるフィリペ、ジエゴ、セスクを獲得した」。モウリーニョ監督は今オフの補強に満足感を示し、間もなく開幕する新シーズンへの決意を述べている。

「クラブは私が求めた3選手を獲得してくれた。素晴らしい働きをしてくれた。今のチームは今後、5~10年にわたって大きな可能性を秘めている」

「このチームは確かに良くなった。ただ、我々はプレミアリーグを戦うのであり、あらゆるチームはより良くなろうと考えている。我々もそのための準備はできているが、我々が戦う場所はイングランドだ。この国では2チームだけで優勝争いが行われることはない。常に5、6チームが優勝争いを演じる」

 プレミアリーグは16日に開幕。チェルシーは18日に敵地で昇格組のバーンリーと対戦する。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング