[Fリーグ]浦安vs仙台 試合後の仙台 比嘉監督コメント

ゲキサカ / 2014年8月13日 15時14分

[Fリーグ]浦安vs仙台 試合後の仙台 比嘉監督コメント

[8.10 Fリーグ2014/15第8節 浦安3-3仙台 浦安]

 Fリーグは10日に第8節を各地で行い、バルドラール浦安とヴォスクオーレ仙台は3-3で引き分けた。勝ち点1ずつを分け合った両チーム。それぞれ、他会場の結果を受け、浦安は2位に浮上。一方、仙台は最下位に転落した。試合後、記者会見に臨んだ仙台の比嘉リカルド監督は、3度リードしながらも追いつかれた試合について、「強い相手にリードできた」ことを前向きに捉えつつも、「最後に追いつかれたのは残念なところ」と、初勝利に届かなかったことを悔しがった。

 以下、試合後の比嘉リカルド監督コメント

―試合を振り返って?
「僕たちが3回リードすることができました。強い相手に追い付かれても、リードすることができましたが、最後に追いつかれたのは残念なところですね。チームとして考えると、悪い結果ではない。僕らの(チームとしての力の)リミットは、まだ浦安のリミットに届いていません。それでも、この試合に関しては、今日の流れを考えると、もったいない気がします。名古屋戦から、フウガ戦もそうですが、フウガ戦、浜松戦、名古屋戦、大阪戦。失点しているのは、相手がうまいところもありました。今日も浦安はうまかった面もありますが、それ以上に自分たちの集中力が切れてやられてしまった印象です。そういうところ、40分間、集中を切らさずに戦えるようにすることが、一番目的です。そこは、やり直さないといけない。結果としては悪くなかった。一つ乗り越えたとは、思っています」

―開始7秒での先制点について、狙っていた?
「そうですね。PUMA杯でも同じ浦安と対戦していました。この前の大阪戦では、ちょっと異なる形のキックオフをしていたので、それを分析しているのではないかなと思い、『ちょっと変えよう』と言いました。最初からボールを後ろに出すのではなくて、前に出して、裏を取ろう、と。なんでかって言うと、前回対戦したときも最初にボールを出したときに、プレスを掛けに来た。相手が前に出てくるだろうと思ったので、その裏を取る。後ろに出さず前に出して、裏を取ろうとしていました。そこは、よくやってくれたと思いますし、嬉しいですね」

―後半のタイムアウトが、浦安が取った直後だった。あのタイミングにした理由は?
「相手の攻撃にやられそうだったので。スタミナ面でも、選手がリフレッシュできるようにしたかった。やられそうだったので、やり直さないといけなかった。普通にバランスを取れていれば、あそこで取るつもりはなかったんですけどね。選手が苦しくなったら、交代すればいいだけなので。ただ、やられそうだったので、やり直さないといけないと思って、タイムアウトを取りました」

―終盤は清水選手、今井選手、藤本選手ら、同じ選手が出続けた。選手層が課題?
「確かに、長かったですね。なぜかというと、僕らは勝ち切るっていう、次に自信をつなげていきたかった。相手は、残り5分ではなくて、残り9分間パワープレーを仕掛けてきました。これまで、ここまで長い期間、パワープレーを守る機会はありませんでした。でも、9分から、ずっと何人かに戦ってもらって、つらかったですね。守備と攻撃のできているのが、どうしても同じセットになってしまう。うまくDFできていないから、正直。だから、攻撃しているセットと、守備ができているセットが被ってしまう。一人、2人くらいは、交代できるかもしれませんが…。ただ、タイムアウトを取ってからはそんなにやられていませんでしたから、彼らを残して、最後までやってもらいました」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング